鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 喜びの花を咲かせよう » 人を思いやる気持ち・・・

喜びの花を咲かせよう

« ブログのトップへ戻る
« 復活ー!!ミーティング »

人を思いやる気持ち・・・

2006年06月22日| 働きさんブログ [124]

by 古市 裕佳

個人的な話ですが、実は明日(日が変わったので)母、兄、祖母に逢うんです(^^ゞ
祖母も母も体調が悪いので今とても心配なんです・・・。
ちょっとハードですが朝からお昼まで働きその足で祖母のいる岡山で家族と待ち合わせをし夜に帰ってきます(^-^)v

家族に逢うのは久しぶりすぎてちょっと今緊張してます(^^ゞ
家族は東京、私は広島。家族と最後に逢ったのはいつの事か・・・。
学校を卒業してから就職し一度だけ仕事を早く切り上げその足で東京へ行き、次の日の始発に乗り広島に戻りそのまま仕事をした事があります。
それがしんどかったのでそれから一度も帰っていません(笑)
今家族は引越し、どんな家に住んでいるのかすら知らない。。。ちょっと親不孝かも??

最近私は周りの人を見ていて、人やお金について考えていました。
人はどうしてお金に振り回されてしまうのだろう。
確かに生きていく為には必要なものだけどそれだけに振り回されて果たして幸せなのだろうか。
お金がないと本当に幸せにはなれないんだろうか。
お金を持つとどうして人は変わってしまうのだろうか。
人は自分の事を棚に上げて他人の悪いところばかり見つけて悪口を言ったり、憎み合ったり、責任をなすりつけたりするのだろうか。
なぜ人を思いやり、助け合う事ができないのだろうか。
人に感謝する事、思いやる事を忘れてしまっていることにとても悲しい気持ちと共に、私は絶対そんな大人にはなりたくない!と誓った今日この頃。。。
考えさせられる週でした。

ふと身近な人を見渡してみました。
福屋店では心の優しい子達ばかりです。(親バカみたいって言われそうですが(笑))
それはみんなの交換日記にも現れています。
朝お店を開ける仕事をする人と夜お店を閉める仕事をする人。お互い全く正反対の作業をします。(作業に関してですが)
朝の人が作業に遅れるとお客様を迎える準備ができずお客様に迷惑をかけてしまいます。
作業能力も個人差があり異なりますし、仕込みの量や納品の量によっても遅れたりします。
でもそれを放っていいのか?朝の作業が大変なら夜の人が何かしてあげる事はないのか。という問題にぶち当たっていました。
朝の作業がきちんとできていないのは決して朝の人だけのせいだけではありません。
前日の夜の人の片付け方や忙しさにもよって変わってくるんです。
実際朝の人が夜に入る事はなく、夜の人も朝に入った事のない人はいます。ですので、お互いの作業内容を把握しておらず、大変さは自分が入って体験してみないと分からない事が多いんです。
実際入ってみていろんな事の気付き、もっとこうしてあげたほうがいいんじゃないかとか色んな意見が出てきます。相手に作業を押し付けるのではなく、どうしたらお客様をちゃんと迎えられるのか、どうしたら上手くお店を回すことができるのかがこの交換日記で議論されます。
これはとても大切な事だと思います。自分達が楽をするのではなく、お客様をお迎えする為にみんながどうやったらよいのか。という視点で考えてくれるからです。これがまとまればあとは行動に移すのみです。
協力し合ってもっといいお店になると信じています。

お客様の立場、相手の立場に立って考える。とても大切な事です。
いい仲間だなぁとつくづく思います(^^ゞ スミマセン。。。
みんな頑張ろうね!!


なんか緊張しちゃうんですが、とても明日が楽しみなんです。
明日は久しぶりに13年前?に旅立った祖父にも逢いに行くんです。
亡くなった当時私は小6でした。学校の先生から訃報の連絡を聞き、私は小1の弟の手を引いて家へ帰り、家族と一緒に岡山にいる祖父に逢いに行きました。
祖父は静かにみんなの前で眠っていました。
生きている間、祖父とは数えるほどしか逢った事がありません。
生まれて初めての身近な人の死でした。
お通夜の時、私は祖父が亡くなったという実感がなく涙の一滴もでませんでした。
ただ生まれて初めて母が泣き崩れる姿を見てとても悲しい気持ちでいっぱいになったのを憶えています。もっといっぱい逢って色んな話をしてみたかった。
もっと祖父の事を知りたかった。。。
今すごく逢いたいんです。。。
だから、明日は祖父にも逢いに行ってきます。
祖母や母への親孝行も忘れずにしてきたいと思います!!

お店で・・・ではないですが家族に喜びの花を咲かせて来たいと思います!!

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集