鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 喜びの花を咲かせよう » 2006年09月の記事

2006年09月の喜びの花を咲かせよう

« ブログのトップへ戻る

ミーティング

2006年09月28日| メニュー情報 [8]

by 新上 香奈子

今日は、月に一回のミーティングの日でした。
内容は、メニューの試食会です。

ランチ、夜のメニュー共にメニューを入れ替えるのでその試食会が行われました。

1.JPG


全部で9種類のパスタと石焼のメニューが出てきました。
あれやこれやと、話しながら試食していきました。


2.JPG

3.JPG

中には、いまいちと言うものもありそういうものはなしにしようとか、これを入れたほうがいいんじゃないかとか、いろんな意見が出ました。

4.JPG

今回のメニューは、石焼きとパスタをメインに構成されています。
自分たちで試食して、意見を言いながら考えていくのでお客様にも説明しやすいですし、おすすめもしやすいですよね。
はっきり決まり次第ブログに載せます!!
メニューチェンジが楽しみです。

他のお店。

2006年09月26日| 働きさんブログ [124]

by 垣下 由貴

私は飲食店に行くと、ついつい店員さんを観察してしまいます。
そこで色々、学んだり気付いたりします。

笑顔が素敵なお店。みんな一生懸命働いているお店。楽しそうなお店。それぞれのお店が、毎日いろいろな形で動いています。働きさんもきっと沢山の人がいて、その人なりの接客をしているんだろうと思います。その人のいいところをどんどん吸収していって自分も成長できたらいいな~といつも思います。だから私は飲食店にいって、いろいろ観察して勝手に学んでいます(笑)
私がいつも行くお店では、何分おきかにお水のお代わりが必ず回ってきます。すぐ水を飲んでしまう私にとってはとても気の利くサービスだと思います。いつもかなり忙しそうなのにすぐについでくれるので、そのサービスは見習わなければ!と思いました。
そして、どんなにお客さんがいても、必ず「ありがとうございました!!」とこっちを見て言ってくださる店員さん。メニューを閉じた瞬間に注文に来てくれる店員さん。その心づかいがなんだかとっても嬉しいです(*∧ω∧*)
しかし残念ながら、あまり良い思いをしない時もあります。「ありがとうございましたぁー」と下を向きながら口だけ動いている店員さん。「お水下さい」というと「は~い。わかりましたぁ~」と投げやりな店員さん。なんだか悲しくなりました。
いろいろなお店で学んだことを、いかして頑張れるよう、これからも磨いていかなければ!!です(>_<)

小さな嘘が人を傷つける

2006年09月22日| 働きさんブログ [124]

by 古市 裕佳

人の心、気持ちを読み取るのはとても難しい。。。
一体本当はどう思っているんだろう。。。何を考えてるんだろう.

人は嘘をつく。きっと自分を守る為だと思う。それがたとえ見え見えな嘘でも。。。
私だって嘘をつく時もある。でもつかないようにいつも自分にも相手にも素直でいられるように心がけてるし、自分の感じた事や思っていることを表に出したり、話したりする。普通恥ずかしい事とか嫌がられるような事も話したり。(そんな情報いらないとよく言われるけど(^_^;))それがいい時もあれば相手に不快な思いをさせてしまうかもしれないけど、自然な自分でいようって思う。いい意味でも悪い意味でも無理したりしないで悩んでる時には周りの人に相談にのってもらうし、悲しかったり辛かったりしたら泣く。私はそれでいいんじゃないかと思う。(私の勝手な思い込み(^^;))時には相手の事を思ってつく嘘だってある。相手の事を考えてキツク当たったり、身を引かないといけない事もあると思う。私はこの一年の間に大切な人達を私の行動で傷つけてしまった。すごく責任を感じているし、このことは一生忘れる事はないと思う。そんな事もあり、私は自分の気持ちだけで物事を考えたり、行動したり、嘘をついたり、人を傷つけるような事はもうしたくない。そう思った。頭では小さな頃から分かっているけど実際経験して身に沁みた。自分がそんなつもりなくても知らない間に人を傷つけていることもあると思う。だから気をつけていきたい。
昨日すごく悲しい事があった。嘘をつかれてるという事が分かったから。悲しかった。怒りも込み上げて来たけど暴れるといけないので(笑)
今までいろいろあったし、たぶんもうそんな事はしないだろうと信じてたのに。。。信じていたというより信じたかっただけかもしれない。今はそれすら分からない。何を考えているのか、何がしたいのか私にはどうしても理解が出来ない。どうしてそうまでして嘘をつくのかもわからない。
みんな心配していたのに。
みんな考えていてくれたのに。
周りの人が思ってくれていること、伝わらなかったんだね。。。
ちゃんとみんなは周りの人のことを考えてるよ。励ましあって、頑張ろうって。
そんなみんなの心をこれ以上かき乱さないで欲しい。
これ以上みんなを傷つけないで欲しい。
これじゃ、喜びの種まきできないよね。。。
もう一度、自分とちゃんと向き合ってみて。
どんなに周りが頑張っても、周りが変わってもあなたが変わらなくちゃ前には進めないよ。
頑張って!!

喜びの種

2006年09月19日| 働きさんブログ [124]

by 新上 香奈子

皆さんは、どれだけの人に喜びの種をまいていますか??そして、どれだけの人を幸せにしていますか??

お客様に「喜びの種をまこう」と努力していると思いますが、その前に自分の身近な人にはどうですか??
例えば、家族や友達、そして彼氏彼女。
いつも隣にいて当り前の存在の人には、喜びの種をまいていますか??

最近、飲酒運転のひき逃げ事件が多くてかなりニュースになっています。
あれは、多くの人に不幸の種をまいてしまってますよね。
あんな大人にはなりたくないです。(ってもう十分大人?ですけど 笑)


でも、実は喜びの種をまくってとっても難しい事だと思います。
相手の為と思ってしたことが、相手にとっては不愉快な事だったり、自分の気付かないところで相手を傷付けてしまっていたり・・・
なかなか簡単に出来る事ではないような気がします。
それでもいろいろ考えて実行して、やっと周りの人が幸せになってくれたらどんなに嬉しい事か。
まずは、身近な人からが大切だと思います。
人を裏切ったりしていませんか?
人に嘘をついたりしていませんか??
自分がいけないことをすると、いつか自分に返って来ます。

例えば、浮気をするといつか逆にされたりします。されてから気付いても遅いのです。した時点で相手を傷つけてしまって、不幸にしているのです。
(今、浮気をしている人!!やめましょう!!笑)
自分がされたらどうですか??  いやですよね??
浮気をしてもいいといって付き合ってくれる人なんていないと思います。
自分がされていやなことはしてはいけないのです。
そう考えると、自分がされて嬉しい事、してほしい事を考えると喜びの種もまきやすくないですか??


まずは、自分の一番近い人を幸せにしていきましょう。
それからどんどん周りの人も幸せにしていきましょう。

美味しい丼を・・・♪

2006年09月18日| 働きさんブログ [124]

by 鎌屋スタッフ

こんにちは!ザ・どん広島パルコ店の高末です^^

ザ・どんでは美味しい丼をご自宅や職場でも楽しんでいただくために
お持ち帰りもやってます!

今回そのお持ち帰りもメニューをNEWバージョンにしました!!

今まで愛され続けた定番メニューや新しく加わって早くも人気上昇中の新メニューまで★

実は知らない方も多かった、サイドメニューのお持ち帰りものせてます!


こんな感じです♪

donto.jpg


お持ち帰りメニューはお電話で注文もOK!
来店される時間をお伺いしてスグにご準備いたします。

もちろん、ご飯の大盛り(+100円)やデラックス【具・ご飯大盛り】(+210円)も
出来るので、がっつり食べたい方も満足いただけます♪

通な方は、ゴマ醤油も頼まれていかれます。
お気軽にお申し付け下さい^^

詳しくは店頭のレジ横に置いてますので、ご自由におとり下さいね★

ロード・オブ・ザ富士山 第三章~感動のフィナーレ~

2006年09月12日| 社内行事 [17]

by 鎌屋スタッフ

見事富士登山を成し遂げた、鎌屋登山隊5人の仲間達。

下界に降りた彼らを待っていたのは、まさに地獄の後の天国であった。
おいしい料理・数々の名産品・絶景の露天風呂・・・・・

そして、なんとアノ人が!!えぇ!?なんで!?

ufoです。

初日から 「SA靴置きっぱなし事件」 やら 「CD50枚役立たず事件」 など、いろいろやらかしてしまった僕ですが、メインであった富士登山はみんなで力をあわせ、無事成功させることができました。

やはりなにがしんどかったって、高山病でした。

まるで毒ガスでも吸っているかのような息苦しさ。体の中から蝕まれていく感覚は耐え難いものがありました。これは行ってみないと絶対わかりません。

だから下界に降りてきてからは、なにがいいって酸素があること。
どんなにつらいことがあっても、「がんばれる!だって酸素があるもの」 とこれからは頑張れることでしょう(笑)


さて、旅館についてからはまさに天国。

純和風・老舗であるその旅館は、富士山のあの山小屋での一泊とは天と地の差がありました。

CIMG0791.JPG

CIMG0792.JPG


料理は一品一品、余すことなくこだわりが感じられ、僕は松岡修造と化し「いや~すばらしいですねぇ」と仲居さんに連呼していました。あまりにハマリ過ぎて、かなこさんに「こんな人ぜったいイヤ!」といわれていまいました(笑)
それ以来、僕のあだ名は修造です(爆)


その旅館はお風呂もすばらしく、大浴場・露天風呂・そして、30分1500円の貸切風呂もあり、女性陣はホント何回もお風呂に入っていました。

夜は宴会です。
近くのコンビニまでお酒を買いにいって、さぁ酒だ!と僕が一番張り切っていたのですが、みんながお風呂から出てくるのを待てず爆睡。


CIMG0803.JPG
みんなが楽しく飲んでいる中・・・


CIMG0806.JPG
僕はこんなんでした(笑) チーン

4日目。最後の朝。

どうせなので、もう一回お風呂に入ろうと露天風呂と大浴場にいってみると、どちらも貸切状態!
ああ、お風呂って、ほんといいなぁ。
ここでもひとり修造と化していました(笑)


そうこうしてるうちに10時になり、そろそろ出発の時間だと大浴場を後に部屋に戻ろうと思ったら・・・


「え?」

握手とともにガッチリ抱擁。
「おめでとう。よくがんばったな!」


なんと社長でした。ここ山梨県ですけど(笑)


ずっとサプライズを計画されてたそうで、800キロの道程を電車で来たらしい。
部屋に帰って、みんなに叫んで知らせたい衝動にかられましたが 「内緒な」 といわれて、ひたすら押し黙っていました。


顔を見た瞬間ホントビックリしましたが、部屋に帰ってからじわじわと嬉しさ、社長の優しさ・心意気を感じて「この人のもとで働ける僕は幸せだ」としみじみ思いました。


荷物を持ってチェックアウトし玄関にいくと、ヒョイっと社長があらわれ、
「あー!社長だー!!」とみんなホントビックリしてました。
僕はなんだか仕掛ける側の気分になり、みんなの顔をみて大笑いでした。

CIMG0816.JPG
なんかずっといっしょだったみたいな社長


帰りのドライブは社長も同行し、500キロは下原さん。300キロは社長が運転されました。本当にありがとうございました。

CIMG0817.JPG
SAにつくたび食べてばっかりの二人


途中名古屋にも寄り、町並みをみたり、味噌カツを食べたりしました。
広島以外あまり行ったことのない、最年少ミッキーは町並みを見るだけで興奮しっぱなしで、「なんかこういうのいいっすねぇ」としみじみしていました。

CIMG0825.JPG
マジうまかった味噌カツ

CIMG0831.JPG
ちょっと遠くから名古屋城も見ました。

CIMG0819.JPG
車内ではトランプもして、ちょっと酔いました。。


広島に着いたのは夜の11時くらい。

富士山はつらかったことも帰りの車内では笑い話で話せて、つらかったけど、一生の思い出です。


富士登山の意味。
それはのちのちわかってくるのでしょう。

みなさん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


サプライズ大好きな社長。嬉しかったです。
まとめ、よろしくお願いいたします。

ロード・オブ・ザ富士山 第二章ゲ○ゲ○

2006年09月09日| 社内行事 [17]

by 古市 裕佳

第二章は古市&ミッキーがご報告させていただきます♪
八合目からが本当の登山でした。初心者の私たちは山を登るのも初めてなのに夜中に登るなんて・・・。しかもあんなに過酷だとは想像もしていなかった・・・。お食事中の方は読まないでくださいね。

ご来光を観る為に出発するのは午前2時半。なのでみんなは5時には夢の中・・・のはずだったのですが(>_<)
一度目が覚めるとひどい頭痛と吐き気、そして酸素が薄い為一生懸命息を吸っても吸っても足りない。。。私は軽い呼吸困難に5時間も苦しめられました。
苦しんでいる時横で寝ていた香奈子ちゃんの方から何か声が・・・?「酸素・・・」
「酸素?」と振り返ってみると香奈子ちゃんが目を開け私の方を苦しそうに見ていました。意識が朦朧とする中かばんから酸素を取り出し二人で酸素補給。それでもすごく苦しかった。。。

そしてついに2時半がやってきました。「御来光に行かれる方は時間でーす!起きてくださーい!」と言う声と共に起き上がった瞬間「うっ・・・!!」「古市大丈夫か?」と下原さんは優しく声をかけてくれたけれど「うんん。吐くぅ。」と言ったらUFOが自分が吐く為に用意していた袋が私の手元に届いたと途端「うぇぇ~~~(>_<。)」辛すぎて涙が出ました。私だけでなくみんなもとても苦しそうでしたm(_ _)mそんな状況の中支度をし、頂上を目指していざ出発!
113.JPG

外に出てみるとすごい強風と寒さ&もちろん真っ暗。砂利道あり、岩山あり、階段ありのめちゃくちゃな道を歩き続けました。
(途中、星がとっても近くてつかめそうなくらいで、とても綺麗でした。)
ただでさえ頭が痛く気持ち悪いのに歩くと酸素が余計足りなくなる。「助けてぇ~(T^T)」と何度思ったことか・・・。ダウン寸前の香奈子ちゃん。ウミガメのような態勢になり「えぇ~ん(>_<。)」と泣いたり吐いたりしていたとか・・・。
(それでも、ちゃんと登ると強く言っていたのですごいと思いました!)
私は自分の事でいっぱいいっぱいで泣いているところは見ていませんが(笑)始めはみんなかたまって行動していたのがだんだんバラバラになっていって誰がどこにいるのかも分からない
(このときみんな意識が定かじゃなかったっす(^_^;))状況のなか私が岩にしがみつきながら横たわっていると後ろから“ボトボトボトー”と何かを流している音が聞こえ、振り返ると人が吐いていました。「んっ?UFO?」よく見ると吐いているのはUFOでした(笑)あんなに元気だったUFOがダウンするとは・・・たぶん寝る前に飲んだビールがわるかったんじゃないかなぁ(笑)ツアーで来られている人達が多くガイドさんが「あともう少しですから頑張ってください!」と声をかけているのを聞き「あ!もう少しなんだぁo(^o^)o」と元気付けられたものの歩いても歩いても着く気配などない!「あと少しって全然つかねーじゃんかよ!全然少しじゃねーじゃん!!」と八つ当たりもし。。。富士山でいう「あとし少し」って一体どのくらいが少しなんですかね。(確かに(笑))強風に煽られ足を踏み外しそうになったり、寒さで息が苦しくなったりもう大変でした。

八合目から頂上までは誰も写真を撮っていないというか撮る元気もなくいきなり頂上に着くことをお許しください(笑)
(途中、登山者の行列ができていて登山者のライトで光の道が出来ていて綺麗でした!)


photo.jpg


やっとの事で頂上に到着!「やった~!」と喜びも束の間、風が強くて立っていられない。こんなに強い風もあんなに流れの速い雲を見るのは初めてでした。本当に飛ばされるんじゃないか(古市さんは実際風で飛ばされてませんでした?)と思いました(笑)霧なのか雲なのか分からないけど前がよく見えないし。でもよく足元見ていないと踏み外して落ちてしまいますからね。

20060906055557.jpg

雲が多く朝日がなかなか見れませんでしたが、雲の間から太陽が顔出した瞬間はみんなが「おぉ~」と声を上げて喜びました。(強く寒い風のあとに雲が飛ばされて太陽が出たりしてましたよね~感動もんでした♪)

139.JPG

顔のようなかたちをしていた雲。かわいい♪

136.JPG

登ったのはいいものの今度は下山m(_ _)m永遠と続く砂利道下り続けました。
下山してからまず朝ごはんを食べました。(そういえば、UFOさん親子丼頼んだのに牛丼が出て「食べます!」って言って牛丼食べてましたよね~)この時点で午前10時。
ちょっと雨が降ってます。

2日もお風呂に入っていなかったのでまず向かうところは温泉!つかり湯を探してGO!
(コンビニで温泉の位置を調べてましたよね。でも、忘れて二回も聞きにいったり(笑))
「ふぅ~(´―`)」疲れが一気に吹っ飛びましたよ!
みんな生き返ったので私の念願の“富士急ハイランド”へ!でも雨ですよ!!
6.JPG

行ってみてガックリ。(自分はほっと一息)乗りたい絶叫マシンが全部動いてない!!(怖かったのでラッキー!)
目の前にあるのに乗れない!!私はずっとはぶててました(笑)(みんな、にが笑いでした。)

閉館時間も近づいたので下原さんが予約してくれていた旅館へ。
車を降りようとしたら仲居さん方が傘を持って来てくださり、荷物を運んでくださいました。チェックインの手続きをしている間「こちらへどうぞ」と横の部屋へ案内してくださりそこでお茶と和菓子を出してくださいました。
7.JPG

細かな説明やプレゼントまで用意していてくださっており、ちょっと感激♪
「お食事の時間はどうしましょう?」と言われお腹ペコペコな私たちは「すぐ食べたい」とわがままを。。。それでもすぐに手配してくださりお食事の部屋へ案内してくださいました。(料理はむちゃくちゃ美味しかったです!)
お腹いっぱいになった私たちは温泉へ。大浴場と露天風呂&貸切風呂全て入りました(*^^)v
計4回もお風呂に入っちゃいました。気持ちよかったぁ~。
続きはUFOお願いしますね~!バトンタッチ♪

ロード・オブ・ザ富士山 第一章ルンルン

2006年09月08日| 社内行事 [17]

by 新上 香奈子

鎌谷 律脩の我思ふ!でも紹介されたように、富士山登頂の旅を3部構成で書いていきたいと思います。
まずは、ホビット族の香奈子が第一章目を担当します!!
(ところで、ホビット族とは??なんですか??)

9月4日。

夜9時に出発。夜9時?? えっ??どうやって??
そうです、実は富士山がある静岡まで車で行ったんです。
しかも、下原マネージャーだけが運転して・・・  12時間かけて・・・  815㌔の旅・・・

ここから、すでに無謀な旅が始まっているのです。

香奈子、古市さん、ミッキーは事務所に集合でそこから、UFOを迎えに行きます。コンビニでお菓子、ジュースを買い、いよいよ出発です。
DSCN0237.JPG

みんな自分が聞きたいCDを持参しようと決めていたので、ルンルンで何をかけるか決めていました。
そこで第1の事件??が起きたのです!!

UFOが、50枚持ってきた!!とみんなに自慢げに言っていたので、どれどれと楽しみにしていたのですが、そのうち使えるCDはたった1枚・・・  え?? 1枚だけ??残りは、マニアックな曲やみんなが却下と言うものばかりで・・・
UFO本人はかなりのショックで落ち込み美味。でもしょうがない、みんなが嫌だというのだから・・・
まあ少しかわいそうだったのですが、次に第2に事件が・・・

またまたUFOネタなのですが、サービスエリアに着いたとき、UFOが「あっっ、靴がない・・・」と。
「え??どういうこと??」

そうです、その前に行ったサービスエリアにおいてきてしまったのです(笑)
UFOは、車に乗る前に靴を脱いで乗ってしまったのです!!
決して土足禁止だったわけではありませんよ。ただ、ドジなだけ・・・
お気に入りの靴だったらしく、またまたショックを受けていました(爆

「さらば、俺の靴」と叫びながらも、かなり落ち込んでました。
まあその後は、いうまでもなく登山靴をずっと履いていました!!


と、行きの車からこんな感じで先が思いやられますよね・・・


9月5日。
朝の9時。富士山、5合目に到着。
長い旅だったぁ。とまぁ、香奈子はずっと爆睡でしたけど(笑)
下原マネージャー、お疲れ様でした。たった1時間の睡眠だったみたいで。(古市さんも)

着いたらすぐに、登山の準備です。
そして朝ごはんを食べ、いよいよ登山開始です。
11時。5合目出発。

DSCN0273.JPG

始めは、みんな順調に登っています。

DSCN0276.JPG

12時ごろには、6合目到着です。

DSCN02802.JPG

6合目からは、少しずつ疲れ&酸素が薄いのでペースも落ち、だんだん言葉数も減ってきて、香奈子の荷物はいつの間にかUFOが持ってくれ・・・ 
(実は、この辺りからUFOは香奈子の荷物をずっと持ってくれていました。ありがとね、UFO)

そして、7合目到着。

DSCN0290.JPG

ここからが、大変でした。7合目から8合目までは、岩を登っていくのです。

DSCN02972.JPG
なぜか、下原マネージャーは笑顔ですけど。

この時点で、頭が痛いなど高山病の症状が出てきています。
登っては休んで、登っては休んで、の繰り返し。
飴やチョコ、ガムなどを常に食べながら、一歩一歩前へ進むしかない。
まだ、あきらめられないという想いで必死に登っていきました。


4時。8合目到着。
ここは、今日の宿泊場所です。
明日、ご来光を見るためにここに泊まり、朝2時までここで仮眠です。

4時半。
夕食のカレーライスを食べました。
普通のカレーライスなのですが、なぜかとってもおいしく感じ、みんなペロリと食べちゃいました!!
UFOと下原マネージャーはカップラーメンまで・・・


その後、5時にはみんな寝てました。。。

ここで、第1章は終わりです。
第2章は、かなり大変なことになっています・・・
いよいよ、頂上に向かって出発ですから!!

この続きは、古市さんお願いしまーす☆☆☆

新人さん♪

2006年09月06日| 働きさんブログ [124]

by 垣下 由貴

新人さんを見ていると、自分が新人だった頃を思い出します。
そして、その新人さんの成長がとっても嬉しかったりします☆

私の周りでは、今沢山の新人さんが入ってきています。なにも分からない状態から教えるという事は、本当に難しいのでいつも悪戦苦闘してしまいます・・・。しかし私は必ず最後に「これをやるのも、こうするとお客様に喜んで頂けるからだよ!自分がされたら嬉しい!と思う接客をしてみんちゃい^^」と言う様にしています。なぜなら、こちら側がいくら教えても本人が納得しない限り、心からの接客は出来ないと思うからです!
先週のお昼のピーク中に、ある新人さんの接客を見ていました。すると彼女は私達と一緒にいるときよりも、とても楽しそうな笑顔で接客をしていました☆その笑顔は自然で、まさに「心からの笑顔」でした!その笑顔を見て「この子は、喜びの種をまき始めたんだな・・・」と思いました(^^)
最初のうちは緊張して、なかなか自然な笑顔が出ないと思います。(私もでした・・・)しかし、仕事にも慣れ、楽しさが分かるようになってくると、だんだん自然な笑顔になれるんだと思いました☆
私の働く場所は、厳しいところが多い職場だと思います。しかし、「厳しさ」の裏には「お客様に喜んでいただきたいから」という理由が詰め込まれているんだと思います。
そして、新人さんには「褒める」ということも絶対忘れてはいけないことだと思います!!最初は誰だって出来ません。覚えるのが苦手な人、人見知りをしてしまう人、沢山いると思います。だからこそ、出来たことは必ず「すごいじゃん!できとるじゃん!」と声をかけるべきだと思います☆私も失敗ばっかりだった新人の頃、先輩達に怒られてばかりでしたが、社長に褒めて頂いたことで救われました・・・(爆)やっぱり褒められると、「よーし!まだまだ頑張るぞ!!」となりますもんねo(*^∇^*)o
ダメなところは目に付きやすいですが、やはりその子の良いところも見逃したくないです♪

日本一への挑戦

2006年09月04日| 働きさんブログ [124]

by 古市 裕佳

9月4日(もう今日?)の夜私達5人(下原さん・新上さん・近藤くん・斉藤さん・古市)は日本一を目指して旅立ちますo(^o^)o

日本一高いと巷では噂の富士山を目指して4日の夜各自仕事が終わってから集合し、いざ出発!!
車での旅なのでゆとりを持って約10時間。(下原さん、長時間ですが運転よろしくお願いします!命預けます(笑))お昼前に富士山に到着予定。そこから登り始め8合目でひと休み。明け方再び頂上を目指して登り御来光を見るという計画です(*^^)v
なぜ富士山へ??
この話がでたのは約2年前にさかのぼります。。。
ある時、鎌谷社長が小学校1年生の頃に富士山へ登ったという話をしてくれました。小学1年生の時に登るなんてすごいですよねぇ!私は小学校の窓から晴れの日は左によみうりランド、右に富士山が観れたのでそこから観るだけで登ろうだなんて、思いもしませんでした。。。そんなこんなで「富士山に挑戦!」という事になったんです。確か。。。
この二年間鎌屋の中では色んな動きがありました。体力的にも精神的にも限界までいった人もいました。いや、倒れた人いました!それを乗り越えて今があるということは何の体力作りもしていないまま歳を重ねている私達も登れない訳がないんです(笑)無謀すぎるかな??
登ることができたら私がずっとずっとずっと行きたかった「富士急ハイランド」まで運んでくれるというご褒美付かも?入るか入らないかは・・・私以外は乗る気じゃないみたいなんですけど(>_<。)台風も私達の挑戦を応援してくれているようで反れてくれました。
みんな準備もまだ出来ていないまま当日買い出しに行くというような状態でバタバタですが、みんなで頑張って登って来ますp(^-^)q無事富士山まで辿り着けますように。。。無事帰って来れますように。。。遭難した場合、捜索は莫大なお金がかかると今日アルバイトの子から聞いたので探してくれなくて結構ですのでお構いなく(^^ゞみんなから「捜索はしませんから。今までありがとうございました」と嬉しいお別れの挨拶もしていただいちゃいましたが“帰ってきてやるぅ~!!” 
ちょっだけ大きくなって帰って来れることを信じて。登れるなんて自信はない!!でもやればできる!!できないことはない!!だから登れる!!はず。。。(笑)
さぁ!私もお家に帰って登山の支度して明日に備えます!(何を持っていけばいいんだろうか。。。)

各店の働きさんへ。数日間お店を空けてしまいう事で負担や迷惑をかけてしまう事もあると思います。ごめんなさい。居ない間よろしくお願いいたします!

逆の立場

2006年09月01日| 働きさんブログ [124]

by 垣下 由貴

バイトが休みの時、休憩室がいっぱいの時に、私は時々フロアで丼を食べます。
お客様と一緒の場所で、丼を食べると普段感じれないものを沢山感じました。

まず最初は、「空間」です。
友人などと、複数人で来るとなかなか意識しませんが、1人で来る時は空間というものをとても意識すると思います。殆どの方が「自分だけの特別な空間が欲しい」と思うはずです。もし私達がお一人様を大人数の中に案内すると、一人で来られたお客様は周りが知らない人だらけなので、きっと少し嫌なはずです。だから私達は、そのお客様の空間を大切にしてあげるために「壁側の席」や、「一人で来られているお客様が多いお席」に案内するべきだと思いました。そうすると、安心感がわき、心にゆとりがもてると思いました。

そして次は「音」です。
普段、働いている時は気付かない様な些細な音でも、一人で食べていると色々聞こえてくるものです。働きさん同士の話し声は、よく注意されるので気をつけていましたが・・・やっぱりもっともっと気をつけようと思いました(∪▽∪;)そして1番驚いたのが、「バッシング(お皿を片付ける)の音」です。そこまで大きな音を立てていないはずなのに、「ガチャッ・・・ガチャチャ」と、積み重ねる音も結構大きく聞こえました。一人でいると、誰とも話さないせいか、ちょっとした音も大きく感じました。それから、私は積み重ねる時も、音がならないようにゆっくりと積み重ねるようにしています!

そして最後は「目線」です。
丼を食べながら、お客様の様子を観察していると、お客様は色々なところを見ていらっしゃいます。そして気付いたのが、「水のおかわりを下さい」「七味を下さい」と言われるお客様は、必ずキョロキョロされるという事です。「店員さんを探している」「声をかけるタイミングをみている」んだと思います。自分もそうなので・・・。私達のロールプレイングにある【いつもお客様のニーズを先読みし、進んでお答えします】というものを行動に移せれば、キョロキョロだけで、すぐにお答えする事が出来るはずだ!と思いました。・・・この前、キョロキョロされていたので灰皿を持っていくと、「なんで分かったんすか?!すげーーーーー・・・」と言われました(笑)

まだまだ、沢山学ぶ点はあるな・・・と思った今日この頃でした┐('~`;)┌

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集