鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 喜びの花を咲かせよう » 鎌屋との出逢い

喜びの花を咲かせよう

« ブログのトップへ戻る
« 次回で鎌屋塾祝10回入社から2ヶ月経って »

鎌屋との出逢い

2007年10月20日| 働きさんブログ [124]

by 鎌屋スタッフ

なぜ、今のタイミングで鎌屋と出逢えたのだろうか、っと考えてみました。

みなさん、はじめまして! ザ・丼パルコ店のレギュラーの岩村でございます。

19日のブログ会議、鎌屋塾の参加にあたり、パルコ店の清水チーフ、黒田マネージャー、
急遽、応援に来てくださった働きさんに、この場を借りて、レギュラーとしての認識の甘さの反省と、感謝をお伝えさせて頂きます。ありがとうございました。


本日、鎌屋塾10回記念の二次会において、鎌谷社長の誕生日会を行わせて頂きました。

画像の確認

働きさんのメッセージをとじたアルバムを手に、『やられたぁ~』っと、感動されてました。

みなさんから祝福される社長の元、働かせて頂くことに、改めて感謝し、自分の幸福にただただ感謝する瞬間でした。

これからの鎌屋と共に、自分も邁進し日々、自己実現のために成長と改めて身を引き締めた会でした。

写真は、我が社の『みちなり』のガチョウ肉だそうです。美味しかったですよ。
とんでる岩村では無く、地に足をつけて邁進だ!

画像の確認

成功とは、

1、自分の人生の目的を知り

2、潜在能力を最大限に発揮するために成長し、

3、人の為になるような種をまく事。

ジョン・C・マクスウェル

お金とは

愛であり、感謝であり、幸福であり、祝福であり、時間であり、エネルギーである。

私のメンターの言葉

改めまして、今年34歳になる岩村 匡樹〈仲間からはガンちゃん〉でございます。
『ガン』っと言う事で、お荷物的な存在かと、いつも劣等感を感じていました。

辞世の句は

『他に拘らず自分のあるがままに 焦らず自分の歩みでゆっくりと 紐解き味わう人生の美酒』

最近、『切腹』って聞いて、そういえば鎌屋に入る前、切腹できる覚悟で今を生きるかと真剣に考えてました。

死に方を用意するため、色々と考えました。

自分が本気になって選らんだ事を諦めるとき、自らを自決出来るかと。

その前に『自分って何だ?』や『今まで本気になって選んだことがあるか?』など、色々と考えさせられました。

ただ最初は不安や恐怖もあっても、漠然と『自分の死に様はこうだ!』っと決めてしまえば、

そのためにの生き方や生きる姿勢がなんとなく変わってきました。

幼い時に願っていた、『永遠に生きたい』という死に対する恐怖。
ゴキブリや汚いと思っている自分にとっての最高の恐怖から逃げるのではなく、
何も問題ないと体験する事で、恐怖感が薄らいできました。

『なぜ汚い、キライ、イヤと決め付けているのか。』『周りに影響されてないか?』など、

今までの価値観、考え方を解き放った瞬間、全てを解き放つ覚悟が出来た瞬間、全てに、今までの生き方に懺悔し、溢れ出す涙を止める術もなく泣き続けてわかった事、

自分が劣等感と思っていた事が、全て宝の原石と確信しました。どう磨くかだけ。

全て自分が関係を創りだしているだけの事だと。

そうなってしまった瞬間は、全てが十分であり満足で幸福に満ち溢れました。

目が見えない人は見える事が奇跡であり、歩けない人は歩ける事が奇跡である。

当たり前や当然ではなく、常に私には奇跡が雪崩のように起きている。

健康で五体満足で居られる事だけに心の底から感謝した時、

自分の財産は、自分、そして所有するものは自分の肉体だけで十分ですと感謝した時、

それを与えてくださった両親、先祖、そして自分、両親、先祖を支えてくださった皆様方、

肉体の根本である自然の恵み。根本は自分のポンポンにある。腹にある。

五臓六腑に染み渡り、自分が認識していないお陰様で自分が支えていただいてる。

自分が見えてる認識しているのは、ほんの氷山の一角。

自分が見えてるのは、自分の見える範囲の皮膚だけ。

自分の肉体すら、ろくに理解できていない。自分の肉体と語り合おう、感謝しよう。

『お陰様です。』

パルコ店の働きさん、本当に理解してなくて、申し訳ございません。

そして、神仏の道に進もうかと、どんな苦行も何も問題ないと考えていたら、

『山の行より、里の行』と心に響きました。

人と人との関わりが最も自分に必要だと気付き、就職活動を始めました。

鎌屋に入る時、色々と不安がよぎりました。

でも受けようと決断した切っ掛けは、『チャンスはフィールドに立たないと掴める確率が悪い』っと、
ある写真を見て、ひらめいた事と、

『メジャーリーガーを目指しませんか』とが、自分の中で核反応したからです。

観客は、ゲーム球をファールかホームランしかボールを掴めないが、プレイヤーは、投げて捕って打ってっと、
チャンスと触れる確率が全然違うと、馬鹿げた理由かもしれないけど、自分の直感に従いました。

現在、パルコ店で働かせて頂いてますが、心の底から幸福に仕事をさせてもらい、なおかつ笑顔で働き、お客様を喜んでいただく事で給料も頂けて夢のような毎日です。

一日も早く社長に伝えたメッセージの実現と、お客様へのサービスの質と管理能力の向上を実現です!

全ては最高のタイミングで結果が現れる。

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集