鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2006年04月の記事

2006年04月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

先輩

2006年04月27日

by 鎌谷 律脩

「鎌谷さん、床の掃除はもっと腰を入れてこすらなあかん!」みなさんにも色んな先輩がおられると思いますが、新入社員だった私が、研修後初着任したお店の当時の店主をされていた先輩が、昨日ついに独立を果たされました(^^)v


新入社員といっても転職組であった私は当時24歳でした。大阪の船場という所にあった ザ・どん船場センター店に配属となり、当時の店主だった先輩からは、仕事のいろは、特に掃除に関しては厳しくご指導をいただきました。その後私は数週間で京都店へ移動となりましたが、在籍期間中は一緒に日本中を飛び回っていた事を懐かしく思い出します。

その後、私が独立させて頂いてからは、先輩にも関わらず、本部の人間と加盟店オーナーという間柄をきちんとふまえて、お話やお付き合いして頂けるお姿を見て、ますます尊敬の念を抱くと同時に、懐の深さを思い知らされました。

ミスタードーナツ事業部6年、どん事業部15年、計21年に渡る先輩のその年月は、ダスキンイズムの塊そのもの。今日行われたザ・どん つかしん店のオープニングセレモニーに参加されていた名簿が、まさに先輩のそのお人柄とこれまでの托鉢(貢献、業績)を反映している象徴だと思いました。

オーナー会役員は全員出席。ダスキンからはフードのトップ役員と社長室長、デペロッパーの社長様とこれまでに見たことの無い顔ぶれのセレモニーとなりました。

認定書の授与のあと、ご来賓の挨拶や祝電の披露が行われ、オーナーになった先輩のご挨拶がありました。

「この兵庫の尼崎という地で商売をさせて頂く事になりました。地域のお客様にどれだけお役に立てるのか。この事に真剣に取り組んでまいります。本日はお忙しい中ありがとうございました。合掌」

ダスキンにはそれこそ年商何十億、何百億という加盟店さんがたくさんいらっしゃいます。ほとんどが企業体であり、事業の一環として加盟されている方もおられますが、やはり一店主として、現場で自ら汗を流しお役に立とうとする姿がまず原点にあるのでしょうね。

セレモニー後、奥様と一緒にユニフォームに着替え、お店に立たれているお姿を見た時に、9年前の自分を振り返ると同時に、やはり現場大好き人間になったのは、先輩の影響なんだなーとつくづく思いました(^^ゞ


206.jpg


これからは同じ加盟店オーナー。でもいつまでも私の尊敬する先輩に変わりはありません(^^)v

タイトルホルダー

2006年04月25日

by 鎌谷 律脩

2年越しのプロジェクトが明日(4月26日)ついに始まります。ところで以前お話させて頂いたザ・どん福屋広島駅前店のほかにも、実は鎌屋の店舗はいくつかのタイトルを持っております。(^^)v


独立させて頂くきっかけとなったザ・どん広島パルコ店ですが、譲渡を受け営業を開始させて頂いてから、なんと52ヶ月(4年4ヶ月間)もの間、対前年客数を上回る事ができました。今もそうですが、若い女性に圧倒的に支持され、なんの宣伝もせずに口コミだけで作った数字ですから「一期一会」の大切さを痛感させられました。特に女子高生、女子大生の反響が大きく、店内は時たま異常?な空間となっております(^^ゞ


多分、広島で一番女子高生としゃべったおやじは私だと思います(爆)


20坪そこそこのお店に、最大月間18,000人ものお客様が押し寄せて下さり、日曜日などは夕方までウエイティングが続きました。ほとんど毎日お店に入っていたので、ということは年間15万人以上の方に毎日毎日、何らかの言葉を発していたのですね。(^^)v


おしゃべりになったのは多分ここで鍛えられたからでしょう(笑)えっ?昔から?


3号店のザ・どんアルパーク店は、施設改装に伴い地下のフードコートに出店しました。再オープン時、既存店はどんだけで、新規出店のお店にお客様が集中し、アルパーク店は最下位でのスタートとなりました。しかし確実にお客様の信頼を頂戴し、今はトップの座をキープさせて頂いております。某調査会社が調べた来店動機では、アルパークに来る前から、食事はザ・どん で と決めているお客様が過半数を超えていたそうで、あまり例がないそうです。つまり、たまたまあったから、では無く、目的意識を持ってご来店いただいている、ということなのです。ありがたいことです。
もちろん、ザ・どんサンモール店、ニューズ・デリ広島パルコ店にもタイトルや伝説がありますし、もしかしたら今もどこかでタイトルメイキングが始まっているのかもしれませんね(^^)v


ここ何年かタイトルは出ておりませんが、実は密かに期待している事があります。それは全国接客ロールプレイングコンテストの出場。どうしてもこの企画を実現させたくて、役員会で他の先輩役員に、い○められながら、いやいやご指導を頂きながら、やっと実現する運びとなりました。全国のどんには、おそらく千人以上の働きさんがおられると思います。現役バリバリの店主さんたちが出場してくると予想されますが、鎌屋はアルバイト働きさんの代表で挑みます。今年8月に地区予選があり、鎌屋から4人参加し、選ばれれば秋に全国大会があります。上位10人の入賞者にはなんと海外旅行をプレゼント!!


しかし誰に出てもらおうかと、豊富な人財からの人選に悩める私は幸せ者ですね(^^)v
プロジェクト、スタートです!!

回らないお寿司

2006年04月21日

by 鎌谷 律脩

「すげ~Webサイトを作って、社長から旨い寿司をご馳走してもらうぜぃ!」こうして始まった鎌屋WEBプロジェクトが一区切りをつけ、ついにその日がやってきました(^^)v

「社長、ログ解析の結果を報告します。このままでは・・・・」担当の古市さんから報告を聞いた時、私の脳裏にはあの人しかいませんでした。昨年より進めてきた経営理念の浸透と共有。その為の一つとして、強力なサポートをしてくれるホームページ。そして今後の鎌屋を共に作り上げてくれる働きさんを募集するにあたり、その入り口の一つとなるホームページ。私の足は自然とカンドウコーポレーションに向かっておりました。


実はカンドウコーポレーションの福原社長とは何度かお食事やお酒をご一緒して頂いておりまして、まさに経営を預かる者同士、その度に魂がぶつかり合ってそれはそれは熱い、深い、広い、たまーに○○い(笑)時間をご一緒させて頂いておりました。いつも感じていた事は、身近な先輩として、経営者であるがゆえに人からは言ってもらえない事、気付いていない事、悩みなどについて、率直に意見や助言を頂きながら、業界こそ違えマインドが共通しているなーという事。だからいつも食事を終えた後の爽快感と満足感は最高潮に達します(^^)v


今回のホームページ作成にあたり、プロジェクティングという概念でチームを結成いたしました。カンドウコーポレーションの福原さん、デザイナーの山本さん、鎌屋からは、古市さん、どんの垣下さん、デリの新上さん、そして私と6名で取り組んでまいりました。でも実際には、両社ともそれ以外のスタッフが影で支えてくれていたと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。


オンの場ではPJMTG(プロジェクトミーティング)、オフの場ではML(メーリングリスト)を通じて、様々な意見や情報交換を行いながら進められてきました。素材となる写真は800枚以上、メール本数は約200本、コメントの書き直しは計り知れず、さらにそれを福原社長自らコピーして頂いたという代物です。またそれに合わせてロゴマークも一新。Kの文字を人に見立て、ハイタッチをしているというデザインです。うーん!すごい。
「人」をテーマにしたら天下一品のデザイナー、カンドウコーポレーションの山本大志さんの傑作です。
こうして出来上がった鎌屋のホームページ。はい、作ってください。はい、出来ました、なんてものでは無く、細部に渡るこだわりと、様々な想いが詰まった魂のホームページ。


皆さん、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。


というわけで昨日はお約束の回らないお寿司屋さんへ(^^)v。流川にある鮨昇というお店にお邪魔しました。いけ面の大将が握るお寿司は絶品。しかも職人さんなのに、絶好のタイミングで入る合いの手やギャグも一流。名店である所以でしょうね。

199.jpg

食事も進み、○○い会話も弾んでいたころでしょうか。ここで思わぬサプライズがあるとは予想もしていませんでした。以前福原さんと飲んでいた時に、鎌屋の10周年(来年です)のお祝いに会社設立年(1997)のワインを、という話を頂いていました。お互い酔っていたのか、いえ、多分私が間違えたのでしょう。設立年を一年間違えてしまったのです(T_T)
今年が10周年というと1996年となりますが、グレートヴィンテージの年。でもいまさら嘆いても、という事で今回の打ち上げで飲もうという事だったのですが・・・。
やられました。箱を開けるとなんとそこには1997年のシャトー・ムートン・ロートシルトが。
しかも鎌屋のWEBメンバーも一緒に仕込んだサプライズだったのです。そう、皆から、鎌屋への贈り物だったのです。


感動しました。あの短い期間で探しだしてくれた事。メンバーの働きさんもお金を出して参加してくれたと聞きました。来年の6月に、10年という歳月を噛締めながら乾杯できる日を待ちわびようと思います(^^)v
で、感動の余韻に浸っていたのですが、ここで終わらない。うーん!ナイスです!!

「これは私たちからカンドウ様への感謝の気持ちです」

そう。彼女達からのサプライズ返しだったのです。箱の中身はなんと幻の焼酎、「森伊蔵」。しかもラブレター付きでした(^^)vこうして日欧の名酒がご対面したのです。

196.jpg


今回のプロジェクトを振り返り、改めて感じた事。それは「
WEBサイトと丼はまったく別物です。でもそれを作り出しているのは「人」なんですね。一杯の丼、一つのWEBサイトに、どれだけ魂を込めていけるのか。


「鎌谷さん、箱(サイト)は用意できます。でもそこに魂を注いでいくのは人でしかないんですよね」
プロジェクトは終わりましたが、実はこれからが本番です(^^)v

鎌屋誕生!

2006年04月17日

by 鎌谷 律脩

「だれか独立してやる奴おらへんか?」 ザ・どん 広島パルコ店を取得する為に、独立して会社を立ち上げる事が決まった瞬間でした(^^)v

「私がやります」といきなり返答した事を今でもはっきりと覚えています。ダスキンと日本水産のJV(ジョイント・ベンチャー)である(株)どんの本部でマネージャーをしていた私は、当時28歳、結婚2年目、子供が生まれ、独立等まったく考えていませんでした。

当時のパルコ店は収支トントン。何千万もの借金を抱えるわけですから、なんと無謀な、無理だと散々言われましたが、実は私には確固たる自信があったのです。それはメンター(良き指導者、理解者)との出会いにほかなりません。当時経営コンサルタントをされていた師匠の門下生となり、約2年間様々な事を伝授して頂きました。まさに実践編の数値分析シュミレーション、ケーススタディを取り入れたMBAコースさながらの内容だったと思います。ちなみに師匠は数社のIPO(株式公開)をされております。

この2年間教えて頂いた事を実践すれば、必ず成功する!!という強い信念があったからにほかなりませんでした。

そして1枚の推薦状(趣意書)。普通では絶対に考えられない人から頂いた、実印入りの推薦状。絶対に成功し、そのご恩に報いなければという信念があったのです。

「有限会社 鎌屋」どう考えても飲食店を経営している会社には思えませんね(笑)。独立時、多額の借り入れが必要でしたので、5ヵ年事業計画書、予定損益計算書など様々な書類を作成し、いざ大手都市銀行へ!?普通は国民生活金融公庫や信用組合等からが一般的なのに、しかも飛び込みで融資のお願いに行っておりました。(飛び込みは、営業で鍛えておりましたが・・・無茶でした(T_T))今でこそ大手都市銀行さんとお取引をさせて頂いておりますが、今考えると恥ずかしいのですが、逆だったんですね(>_<)

で、行き着くところお世話になったのが地元の銀行ですが、当然保証人が必要。今はすでに保証人からはずれておりますが、「鎌屋の名前を復活させるなら保証人になってやる」という親父のこの一言が、先祖の事を知るきっかけになるとは思いもしませんでした。実は先祖代々、兵庫県で「鎌屋」という屋号で商屋さんを営んでいた事を知り、お寺の石碑?にも屋号が残っておりました。由緒正しいかはわかりませんが、復活が条件ですから。こうして「鎌屋」は生まれたのでした(^^)v

あとは報恩の托鉢を行うのみ。いかにお世話になった方々に・・・・ ではないんです。結果としてはそうなんですが、師匠や推薦状を出してくれた社長に向くのではなく、いかに自分を高めて、お客様、働きさん、お取引様のお役に立てるのか、喜んでいただけるのか。その結果を出す事が、経営を預かる者の使命だと考えています。

それにしても9年前のあの推薦状が、鎌屋の来期の行方を左右する事になるとは・・・・・・

7周年を迎えて

2006年04月13日

by 鎌谷 律脩

数々の記録や伝説を生み出している、鎌屋の2号店 ザ・どん 福屋広島駅前店が、今日7周年を迎えました(^^)v

本当に多くの方のお力添えと、多大なるご協力を頂きながら、平成11年の4月、ザ・どん福屋広島駅前店をオープンさせる事が出来ました。3年以内を目標にしていた2号店目は、1年前倒しの結果となりましたが、まさかあんな大記録が生み出されるとは誰も予想していませんでした。

開業翌月の5月。GWの5月3日にチェーン店としての大記録が生まれました。それはランチ客数。どんでランチタイムとはオープンから14:00までを指しますが、なんとその数640人。レジは一台ですからアワリー(一時間当たり)200人を超えたのです。
ピークが終わるまで(といっても閉店まで途切れませんでしたが・・)ずっとレジを打っていた記憶があります。

暗算能力はここで鍛えられたのでしょうね(笑)

1ヶ月が終了し、売上が1,167万・客数が18,968人でしたから坪売換算で100万以上と、飲食業では考えられない記録だったのです。

これまでの7年間で、ご来店頂いたお客様は、なんと100万人近くにのぼります。その間で耳に入ったクレームは皆無に均しい。本当にありがたいお話です。
当時のアルバイト働きさんとは今でも連絡のやり取りがあるようで、結婚や出産の話を聞くと自分のことのように嬉しく思います(^^)v

今、その福屋店の店主を預かってくれているのが、当時アルバイトだった古市さん。7年間の歩みは彼女と共にあります。つらい事、苦しい事もいっぱいあったと思います。流した涙の量や、眠れない日々のつらさは、計り知る事の出来ないものでしょう。その分だけ、いや、それ以上に彼女は成長してくれたと思います。地獄を知った人間は強い。つらさを知った人間は優しい。おかげを知った人間は本物。鎌屋マインドを実践してくれている古市さんは、私の誇りです!!

これまでザ・どん福屋広島駅前店にご縁のあった働きさん、お客様、お取引様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。そして今、古市さんと一緒に喜びのタネをまいてくれているスタッフに、改めてお礼申し上げます。いつも本当にありがとう!!


ありがとうございました。合掌

こだわり

2006年04月10日

by 鎌谷 律脩

何にこだわるのか。なぜこだわるのか。よそとの違いはどこにあるのか。どこにフォーカスし、オリジナリティを高めていくのか。そのこだわりが、お客様やお取引様に絶対の信頼感としてつながっていく。そんな時代なのだと思います(^^)v

戦略・商品・運営・共育などの様々なこだわり。しかし他を蹴落として生き残ろうとする発想ではなく、私達はこうです、といい意味で自己主張することにより、そこに共感してくれる方と一緒に喜びの思想を大切にする会社やお店。

数年前、いつも何かに焦り、誰かに焦り、トップになる事だけを美徳とし、戦わなくてもいい相手と戦っていた私に、尊敬する大先輩から言われた一言。

「鎌谷さん、とにかくお客様を見ろ。よーく見ろ。そして自分を見ろ」
すべて見抜かれていてのでしょうね(^^ゞ

「ハッ!」とする瞬間であったと同時に、なぜか許されたような、なぜか肩の力が抜けていくような感覚を覚えた瞬間でした。他社、他人との競争よりも、自社、自分との戦いに気付いた瞬間でした。

鎌屋では、店長職としての呼び名を、店長ではなく店主としています。そこにはどうしてもはずせないこだわりがあるからです。

店長は会社から雇われた一つのセクションの長、他の人との競争から勝ち抜いたポジションの場合もあります。もちろんそれを否定するつもりはありません。
ただ、店長だから偉いとか、職位を受動的に与えられたのだから、では無く、自ら能動的にそのお役目を果たす主(あるじ)であって欲しい。競争に打ち勝つための戦略も必要だけれど、まずお店、働きさんを守る主(ぬし)であって欲しい。
競争社会を否定するつもりは無いけれど、色んな個性の、色んな長所や短所を持っている人が集まって、初めてオーケストラになる。ミの音だけでは曲は作れない。ファもレもシャープも必要ですよね。その指揮者が店主。お役目としての店主。

その交響楽団が生み出す様々な作品は、商品として、店舗力として、発表され続けます。その作品は、お客様やお取引様が評価してくださいます。作品は自分自身であり、みんなのもの、みんなの分身、みんなの一部。だからこそみんなで共有し、こだわり続けたいのです。(^^)v

続・いきつしマン

2006年04月06日

by 鎌谷 律脩

別に戦隊シリーズの続編をやろうとは思っていませんが(笑)先日、あまりにも強烈な物を目にしてしまいました(^^)v

先日、毎年お参りさせて頂いている宮島の大聖院からの帰り道で、息子が大きな声でこう叫びました。

『あっ!!いきつしマンだー』

『えーーー!  どこ?』と、家族でお土産やさんに近づくと・・・
確かにありました。でもよーく見ると名前だけが違うのです。
いきつしマンではなく、その名はミヤジマン(爆)

200604061835000.jpg

どうも観光名所で名前を変えて売られているようです。ちなみに私は写真のレッドミヤジマンを買いましたが、これまたよく見ると手に杓子を持っています。ほかにも色んなミヤジマンがおり、レッドの正式名は「シャクシ神龍レッド」 ゴールドは「モミジゴールド」ピンクは「巫女ピンク」 ブルーは「厄払神龍ブルー」だそうです。

しかも裏には得意技まで・・・レッドは「威勢良く両手の杓子を振り回し、商売繁盛・家内安全を願う。勝負にめっぽう強い、みんなの頼れる兄貴分」「皆の幸せがオレの幸せだ!!」と書かれています。

しかしもっと驚いたのは、その横にあった戦隊シリーズでした。
その名は・・・・ひろしマン(爆)。こちらもシリーズ物でした。
私は今、いきつしマンとミヤジマンという強い味方に守られています(^^)v

いきつしマン

2006年04月04日

by 鎌谷 律脩

もうすぐ春休みも終わりますね。どこかに小旅行でもと密かに計画していたのですが、3月の始めに子供から思いもしない相談がありました。(T_T)

我が家には小3の娘と小1の息子がおります。ついこの間までおしめをしていたと思ったら・・・早いものですね。

2月も終わろうとしたある日、子供達がいつもとは明らかに違う態度で擦り寄ってきました。そわそわしながら一枚の紙を握り締めて・・・

『パパ・・ あのー・・・ 相談があるんやけど』  『うん。どうした』  『これ・・』
差し出された紙には旅行の案内が書かれていました。

『私たちだけで行きたいんやけど・・・』エー!! ガーン!!

それは子供達が通っているスポーツクラブのイベント旅行でした。もちろんインストラクターは同行しますが、壱岐2泊3日の旅だったのです。上の娘はまだしも、下の息子は今まで親元から離れた事が無く、いくらお姉ちゃんが一緒とはいえ、よく決断したと思いました。(はい。親バカです)
旅行中は毎日嫁がそわそわし、私にとってはなぜか居心地の悪い3日間でした(笑)

で、無事に帰宅し、初めて息子からもらったお土産がこれ(^^)v

cimg0203.jpg

壱岐(いき)対馬(つしま)に引っ掛けての命名か、その名もいきつしマン!

『パパ、つらい時はこれを見てがんばってね!』と励まされました。

は、はい。そうします。息子からもらった喜びのタネでした(^^)v

卒業シーズン

2006年04月03日

by 鎌谷 律脩

この時期は卒業や進学などで、アルバイト働きさんが卒業され、また新たなメンバーを迎える時期でもあります。もちろん卒業される働きさんに対しては、様々なサプライズやプレゼントを用意して送別会が行われます(^^)v

いつも思うのは、アルバイトを通じて、彼ら彼女らは何かを得てくれたのかと言うことを自問します。この何かとは、お金以外のことであるのは言うまでもありませんが。

たかがバイト・・・ されどバイト・・・

どこかでアルバイトの経験がある人は、鎌屋に入って驚く方もおられます。たかがバイトなのにと思われる方は1日で辞めることも正直あります。

ですが、それでいいと思っています。

お金さえ稼げればよいと考える方に説教をする気はありませんし、バイト先はいくらでもあります。だからこそ、長い期間一緒に仕事をし、卒業される働きさんを送り出す時、プラスアルファのものを持って卒業して欲しい・・

でもこれは愚問でしたね。皆それぞれちゃんと持っています。今まで何百人という卒業生がいますが、今でもお店に来てくれたり、また街等で出会った時、固い握手(だけ?)を交わしたり。
実は今日も、なんと8年ぶりに再会しました。当時は女子高生だったのに今は素敵な社会人。そんな時にかわす何気ない一言が私にとっての最高の御褒美になります(^^)v

今年もたくさんのアルバイト働きさんが入ってくると思います。今まで後輩だった人が、今度は教える立場の先輩になっていきます。教え方は色々とあるでしょう。覚えるスピードも人それぞれでしょう。

やがて数ヶ月がすぎ、新しいメンバーも、主力選手として、喜びのタネをまく一員として、お店で輝いている事でしょうね。

卒業される皆さん。本当にお疲れ様でした。今まで本当にありがとう!
新しく入られる皆さん。ようこそ鎌屋へ!

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。うん?違う。
すでにドラマは始まっています(^^)v

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集