鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2006年05月の記事

2006年05月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

9歳の誕生日にそえて

2006年05月31日

by 鎌谷 律脩

時の経つのは本当に早いですね。鎌屋は今日で第9期を終え、節目の10年目に入ります。年月もそうですが、鎌屋にとって間違いなく節目の年となりそうです(^^)v

鎌屋誕生の裏には、実は2ヶ月間の空白があります。会社設立は6月ですが、実は4月の段階で広島入りしておりました。会社が与えてくれた助走期間とも言えますが、法人登記、ファイナンス、契約交渉とまさに怒涛の2ヶ月間だったと記憶しております。

設立から6年間は破竹の勢いで伸び続けました。天狗になっていたつもりはありませんが、♪なーにーもー怖くなかった♪(旧すぎ?)時代でもありました。だからというわけではないのでしょうが、第7・8期、神様はきちんと試練を与えて下さいました。

この2期は、会社にとって、もちろん働きさんや私にとっても、貴重な経験になったのは言うまでもありません。そう、まさにロールプレイングゲーム。本当に大変だったけど、なんて言葉では表現したくないほどの荒波でしたが(T_T)、その分だけ、多分?いや絶対にすごいアイテム、強力な武器をゲットしました。(ポケモン風に言えば100レベ?)そして今、まだまだやらなければならない事はありますが、マイナスのステージからの脱却ではなく、積み上げていく事の出来るステージに立つことが出来た事、と言いますか戻れた事。この違いは非常に大きいと思います。

そして締めの今期。理念やミッションの制定、来期以降の事業計画と構想。第9期はまさに第2の創業期となりました。来期以降のため、詳しくは言えませんがすでに多くの種まきをしておりますし、決意表明も預かりました。(誰の?)楽しみです!ワクワクしています!!

節目の第10期というステージに立つために、この9年間起こりえた事全てが必然だった。ドラスティックに変貌を遂げつつある社内。進化し続ける会社。でもきっと波はまた来ます。来ると思いますが、次回はそれを糧にすればいい。波に飲み込まれるのでは無く、波に乗ればいい。

お陰を知りました。弱さも知りました。怖さも知りました。ありがたい事です。そこからしか知りえない事、気付かない事があるからです。どんなに大きな会社になっても、私たちのミッションは喜びのタネをまき続ける事、それが原点、そんな事を再確認した誕生日となりました(^^)v

ペイ・フォワード

2006年05月26日

by 鎌谷 律脩

親切を受けたらその相手に恩返し=「ペイ・バック」するのでなく、別の誰かに厚意を贈り、善意を先へと広げてゆく。大好きな映画の一つ「ペイ・フォワード」は、現実の世界では中々実行する事は難しいと思います。でも実際にそういった方とお会いさせて頂く度に、愛と勇気と感動をたくさん頂きますね。まさにそんな2日間を過しました(^^)v

一昨日同業である経営者の方とお食事をさせて頂きました。鎌屋の何倍もの年商規模で、株式公開の準備を進められておられ、まさに鎌屋にとっては良き見本、良き先輩のような方でした。次のステージを目指すなら、やはり今そのステージに立たれておられる会社の経営者にアドバイスを頂くことは本当に貴重な財産となります(^^)v

良い話だけではありません。それこそ地べたを這うような泥臭い話や、経営者しかわからないような悩みも出てきます。だからこそ本音で分かち合って話せる事は、何よりのビタミン剤になります。副作用が一つ。そういった日はなぜか興奮して眠れません(笑)

そして昨日は大阪、京都、神戸とまさに三都めぐり。以前お世話になっていた会社の役員様がわざわざ有給を取って下さり、ご案内までして頂きました。向かった先は丹波笹山の国道沿いにあるおそば屋さん。

驚きました!!マクロビオティック食事法を取り入れてメニュー作りをされておられました。店内の石臼で挽いたそばをすぐに製麺し、水は逆浸透膜システムの「純水」を使用。化学調味料は一切使用していない天然だしという代物です。

「美味しさの追求を第一に、そしてお客様の健康に少しでも貢献できるように日々研鑽を重ねております」

企業側の論理ではないんですね。あまりにも消費者に知らされていない事が多い中、商売の原点として、経営者の使命として取り組んでおられる姿に、共感と尊敬の念を抱かずにはいられませんでした。

帰りの車中、この2日間を振り返って見て、ふと気付かされました。先輩社長様、元勤務先の役員様、そば屋の社長様。実は何の利害も得も無いんですよね。それどころか貴重なお時間と費用を割いて頂いたほどなんです。そして大切な事、あるべき方向性や使命感など多くの事を教えて頂きました。
皆様、本当にありがとうございました。

別の誰かに厚意を贈り、善意を先へと広げてゆく。

数時間後に大学で恒例の授業が始まります。若い学生達に少しでもお役に立てるならと毎年楽しみにしている授業です。微々たる施しに過ぎないかもしれませんが、私なりのペイフォワードです(^^)v

参考記事
メジャーリーガーを作る男(川名センセの「ほめてやらねば人は動かじ」’06)
☆どんの鎌谷さんライブ -「ライスワーク」でなく「ライフワーク」-(かなり変わった大学教員の回顧録)
今日、学んだこと 5月26日 (赤メガネ起業日記)

好みのタイプ♪

2006年05月22日

by 鎌谷 律脩

目が大きくてかわいい娘が・・という話ではありません(笑)。昔は絶対に飲めなかったものが今は飲めたり、あんなに好きだったものが好んで食べなくなったり、嗜好の変化に思いを巡らせながら、ちょっとコーヒーブレイクです(^_^;)

みなさんにも経験があると思いますが、嗜好の変化って不思議に思いませんか?今飲んでいるコーヒー、実は数年前まで砂糖、ミルク入りだったのですが、いつからかブラックでしか飲まなくなってしまいました。いつ、どのタイミングだったのだろうと考えるのですが、うーん!思い出せない(T_T)。ウーロン茶、紅茶もだめだったのに今はOK。日本酒大好きだったのが今は飲まなくなった。その代り?ワインが飲めるようになったり。

飲み物に関しては、コーヒーはインスタント、ワインは安物しか飲んでいなかったので、豆からのコーヒー、とっておきのワインは別物として味わったからそうなったのかなと思っています。

食べ物もそうですね。納豆なんてとんでもないと思っていたのに今は食べられる。肉より魚の方が多くなった。あんなに好きだったスナック菓子はまったく口にしなくなりました。でも嫌いになったと言うよりは、好まなくなったという表現が当てはまると思います(えっ 一緒?)苦手な食べ物はパクチーだけかな?

食べ物は、一つは老化?に伴う変化、ダイエット志向によるもの、つまり体が訴えているのでしょうか(笑)あとは生活習慣と環境に起因しているのでしょうね。

そして何より変わったのは聞く音楽のジャンル。数年前までマライヤやミーシャにぞっこん(死語?)だったのですが、最近はクラシックなども好んで聴いております。きっかけは10年ほど前に観た映画「シャイン」に感動した事。ラフマニノヌのCDが私にとって初のクラシックCDとなりました。最近はオペラ系?に進出!Andrea BocelliSarah Brightmanはとてもいいですね(^^)v
癒されたい方はぜひお試しを!!

ほかにも色々とありますが、女性のタイプは今でも・・・・です(^^ゞ

就職セミナー

2006年05月19日

by 鎌谷 律脩

近い将来行うであろう新卒採用活動。私自身、新卒での就職活動の経験が無く、勉強も含め広島国際会議場で二日間行われた就職セミナーにお邪魔してきました(^^ゞ

初日は中小企業同友会の主催で、中国地方の中小企業さん達がたくさんブースを張られておられ、知り合いの社長さんがやられている会社も何社かありました。早速事務局の方と名刺交換させて頂き色々と教えて頂きました。

そして今日は私の尊敬する会長様の会社主催で行われましたが、会場に行くとその会長様と以前相談に乗って頂いた担当の方がおられ、これまた貴重なアドバイスを頂く事が出来ました。

2日間を通して一番感じた事は、ずばり「熱さ!」。会社の知名度や規模なども、もちろんあるのでしょうが、熱い担当者(熱い会社?)の熱い話に、参加者は熱い視線を送っていた気がしております。本気で募集しようとされている会社は、やはりブース全体のオーラみたいなものが違っていたように感じました。

古い話で恐縮ですが、私が初めて入った会社は当時日本でも有数の商社系でした。正直、何がしたかったのか、何が向いているのかわからなかったので(考えなかった?)、知名度で選んだ事、規模も大きく絶対につぶれないのではないかと言った変な安心感も持ち合わせていた記憶があります。(今、その会社は・・・・)当時は恐らくベンチャーという概念は無く、いい学校を出て、いい会社に入って、定年まで勤め上げるのが一般的な時代です。でも今はそのモデルだけではなく(もしかしたら崩れた?)新しいモデルが出始めてきているのではないかという気がしております。

氷河期と言われたり、売り手市場と言われたり、その年によって様々な要素や社会情勢が絡み合ってバランスがとられるのでしょうね。その中で、まだまだ採用に苦しむ中小企業が多い様ですが、「どんな考えで(理念やビジョン)、誰と一緒に(共有)、自らが(主体性)何を成し遂げるのか(プロ化)」がはっきりとしている会社が伸びてきているように感じますし、学生の視線も向きつつあるのではないかと思いました。

有限会社 鎌屋 負けていませんぞ!!(^^)v

「なぜ」を考える

2006年05月15日

by 鎌谷 律脩

物事には原因と結果がありますが、導き出された結果に対して、なぜ、そういった結果になったのか、その原因「なぜ」を探る事で新たな発見があるのです(^^)v

「因はわれにあり」私の好きな言葉の一つです。自分かわいさに因を他人に押しつけても何も生まれないし、何も変わらないと思っているからです。少し冷静に、なぜそうなったのかと原因を考えると、結局自分に起因する事であったりします。

すると自分が変わらなければならない。自分の事(性格)を知っていないといけないかもしれない。変わるって案外難しいですよね。メンターからはこんな風に教えて頂きました。

「そっかー、そういった考え方もあるのだ、と少しだけ考え方を変えてみる。そうすると意識が変わってくる。意識が変わると行動に出てくる。行動が変わるとそれが習慣になる。習慣が変わればそれは自分の事。習慣が変わると性格も変わってくる。正確は本人そのものなので運命も変わってくる。運命が変わって、初めて人生が変わるのです。だからその一歩は考え方なのです。考え方と同様に大事な事は、行動する事です」

考え方→意識→行動→習慣→性格→運命→人生

確かにその通りですよね。行動を起こさない限り、当然結果はありません。時には予想もしていない様な結果だってありますよね。そんな時、ストイックに自分を追い込むというのではなく、「なぜ」と深く考えてみる事で打開するヒントが得られるかもしれません。出てきた結果に対して「ついていない」「なぜ私だけこんな目に」と嘆き悲しむだけではまた同じことが起った時に同じ結果になりがちではないでしょうか。ここに大きなターニングポイントあるのではないかと感じております。

別の角度で考える。相手の立場になって考える。周りはなかなか変わらないけれど、自分はもしかしたら変えられるかも。自分が変わって周りが変わるのは本物だと思いますし、そんな経験は見たり聞いたりもしております。

ひとつ、こんなエピソードがありました。数年前、あるお店の売上が予算に達していない状況が続いておりました。例えば予算500万に対して450万とします。あれが悪い、これが悪いとその原因を悪い方にフォーカスしていたのです。そんなある日、近隣の飲食店オーナーから「どんさんはいつも売上がいいねー、羨ましいよ。どうすれば・・・」といって頂き、ハッ!と気付かされたのです。

「なぜ450万も売れているのだろう」

もうお分かりですね。逆転の発想です。450万も売れている!と考えて、なぜ売れているのか、強みは何なのか、と考える事により、その強みをさらに伸ばしていこうとする発想が生まれたのです。するとどうでしょう。笑顔で、楽しく、しかも楽に達成してしまったのです。

みなさんの強みは何でしょうか?みなさんの長所は何でしょうか?
悪い所にばかり着眼するのではなく、良い所、得意な事に目を向けて、さらにそこを伸ばしていく。(要はポジティブシンキングですね)その方が楽しいですよね(^^)v

「おかげ」という原点

2006年05月11日

by 鎌谷 律脩

「俺が、おれがの、我(が)で生きるのではなく、お陰、おかげの、下(げ)で生きる」。実は私、仏門の世界に入るのかと言う位、何箇所かでのお寺の参禅経験等があります。この言葉はその昔、寄宿していたお寺で教えて頂いた言葉です。

「我で生きると敵が出きる。欲望が出る。手段を誤る。傲慢になる。騙す事もいとわなくなる」
「下で生きると味方になってくださる。いたらなさに気付く。王道しか歩めない。感謝と反省が生まれる。生かして下さる」「我」がすべて悪いのではなく、ただ戒め(いましめ)として心に留めておくという話だったと記憶しています。

いきなりブルーな話をするつもりではありませんが、実はGWの少し前まで息子が入院しておりました。今はすっかりよくなったのですが、これほど「お蔭様」と感謝した事はありませんでした。自分の力では、努力では、なにも出来ない無力感。変わってやることも出来ない脱力感。しかし多くの方のお力添えによって助けて頂ける。助けていただいた。生かして頂けた。「困った時はお互い様よ」こんなにこの言葉がありがたいなんて・・・ 普段考えもしなかった事や気付かなかった事がこんなにあるなんて・・

おぉっと、あぶない(何が?)話をもとに戻します。お寺参りや参禅は、好んで行こうというのではなく、なぜかそうなってしまうという事が多いのですが、その中の一つに、そんな「お陰」に出会うための研修に行っていたのが今から15年前の今月でした。ザ・どん事業に携わる正働きさんは、全員、京都は山科の一灯園という所での研修を終了しております。特定の宗派、宗教団体ではありませんが、必ず参加することを義務付けられております。

様々な研修(修行)が行われますが、その中の1つが六万行願(ろくまんぎょうがん)。作務衣(さむえ)に着替え、バケツと雑巾をもって、京都市内の家庭をまわり、家の方にお願いをしに回ります。

そのお願いとは・・

「トイレ掃除をさせて頂けませんか?」

あまりの突然の事に、家の方は当然びっくりされます。どこの誰かも分からない人がやってきて、いきなりトイレ掃除ですから・・・(笑)

こちらも気持ちは複雑。あまりやりたいとは誰も思っていないでしょう。だから押しも弱いし声も小さい。ところが不思議なもので、何軒も何軒も断り続けられていくうちに、少しずつ変化が現れてくるのです。あまりにも拒否されるため、なんとかさせてほしいという気持ちが芽生えるのです。

そしてついにお許しがもらえると・・・「やったー!」となるから不思議ですね。お許しを頂けた、そのおかげで掃除をさせて頂ける。真剣にトイレ掃除をさせて頂き、終わった後の爽快感はなんともいえません。(^_-)

どうか私にさせて頂けませんか?という精神。もっとお役に立てませんか?という精神

これはお取引様に対しても同じ事です。どうぞ一緒になって、お客様に喜びのタネまきをしませんか、その為に力を貸していただけませんか、というスタンスです。ですから、例えばお米の業者様には、「もっと安い米は無いのか?」では無く、「もっとおいしいお米はありませんか」となります。するとお取引様も真剣に取り組んで下さいます。お米ひとつでも、大学の研究室なみの数値、成分、比較分析を、何ページものレポートで上げて頂く事で、一緒に対策を講じることができるのです。

「我」を封印するものではありませんし自虐でもありません。また「我」が、すべて悪いのではなく、必要な事や時も必要なんでしょう。私自身も、まだまだ欲もあり、至らない事ばかりで反省の毎日です。

「喜びのタネをまこう」、それはおかげに対する報恩(頂いた恩に報いる事)

だからこそこの下座の精神は、いつも原点に据えておきたいと思っています(^^ゞ

GWの愉しみ

2006年05月06日

by 鎌谷 律脩

今年のゴールデンウィークは皆さんいかがお過ごしでしたか?飲食店にとっては忙しいGWですが、私には毎年密かな愉しみがあるのです(^^)v

今年のGWは、ザ・どん広島パルコ店での勤務となりましたが、今年も数多くのお客様にご来店頂きました。

200605051327000.jpg
〈5月5日のパルコ店。当日は800人近いお客様でした。〉

近年感じている事は体力の低下(えっ、老化?)で、家に帰ると熱いお風呂にゆっくり入り、じっくりと足マッサージをし、ストレッチをしないと次の日もたないという事。酒豪?の私ですがビール1本でグラッ!ときてそのままバタンキューというなんとも安上がりな体になっております(T_T)。去年はダイエットの為に通ったジムですが、そろそろ体力作りのメニューに変えないといけませんね。

そんなわけで、毎日老体に鞭打ってお店に入っておりますが、毎年この時期ならではの愉しみがあるのです。それは帰省や連休のお陰で古いお客様や卒業生に会えることです。「えー! かにツナ丼がなくなっているー」「お客様、名前が変わってツナマヨ丼なんですよ」高校生のころ毎週のように来てくれていたそのお客様は、今東京でお仕事をされているそうです。3年ぶりの帰省で3年振りのかにツナ丼。ほんとありがたいですね。

「おー、久しぶり!元気だった?」という会話の相手は、ザ・どん福屋駅前店やアルパーク店でお力添えを頂いた黒田さん。今はピアノの先生として活躍しているそうで、娘がピアノを習いたいと言い出したらぜひお願いね、と約束をしました。当時は高校生だったのにもうすぐママになる中村Aさん(旧姓)、幼稚園の先生になった中村Bさん。当時パルコ店には、偶然中村さんという名字の働きさんが3人いましたので、中A、中Bがあだ名でした。そういえば清水A、清水B、清水Cと清水さんも3人いたようないなかったような(笑)。私の記憶が確かなら、しみCって今のおかあさん?(爆)うーん懐かしい(^^ゞ

GW中盤では、福屋店の卒業生 上林さん、現在美容師として活躍されているニューズデリのまりっぺ、相変わらずどこから声が出ているのか今もそのなぞは解かれておりません(爆)そしてそしてこのブログにも関係の深ーいあの方は、なんと素敵な彼女を連れて・・あーこれ以上は言えない!! って、いえ何もありません(笑) ご来店ありがとうございました(^^)v

それにしても恥ずかしい話ですが、お客様は私の事をよく覚えていても、私にとっては「誰だったのだろう?」という事がよくあります。「いやー店長、久しぶり!」(店主なんですが・・・)「あーどうもこんにちは!」とそれなりにお答えするんですがわからない(>_<) そんな経験ってありますよねー?(えっ、俺だけ?)ビジネスシーンも含め、年間2万人近い方とお会いしているので・・・はい。言い訳です(^^ゞ

古市さんが通っているガソリンスタンドで、バイトさせてもらって修行しないといけませんね(笑)

GWも残すところあと1日。働きさんの疲労もピークに達しているでしょうね。本当にお疲れ様です。おぉっと、夜のピークが始まりました。「いらっしゃいませー!」

創り上げる

2006年05月01日

by 鎌谷 律脩

鎌屋は5月末をもって決算を迎え、第9期が終了します。一年の総決算は一日一日の、一人一人の積み重ねでしかありません。そう、みんなで創り上げていく(あえてこの字)のです(^^)v

いよいよ始まったゴールデンウィーク。そのさなかで嬉しいニュースが2本飛び込んできました。一つはニューズデリの数字。3月末の試算表で営業利益率が前年比18%増と過去最高の記録を更新した事。もう一つはどん事業部において、初めて全店揃って予算比、前年比ともクリアした事です。景気が上向いたとはいえ、まだまだ厳しい状況下での快挙に思わず叫び声をあげてしまいました(^^ゞ

結果としての数字が現実であり、その数字を創り上げていくのは他ならない人であります。数字を創り上げる、とは簡単に言えますが、その裏には想像も出来ないような苦難と、日々の祈るような想い、そしてひたむきな努力が隠されています。

「お客様、ジュースを買って頂けませんか!」予算を達成する為に、満面の笑みでお願いをしているのはほかでもない、アルバイト働きさん。

予算 170,000円に対し、売上 170,030円。決して数字だけではなく、目標に対する責任感と連帯感。達成した時に得られる充足感と喜びの共有。ぞくっ!とする光景や報告、発言や行動が日常茶飯事におきる社内や店内。呼び込みで逃げられると悔しがる後姿。ランチ客数を達成するとあちらこちらから聞こえる「やったー!」の声。記録が出た時のハイタッチ。熱い思いと他者を思いやる気持ちが込められた自由ノート。21:00前後に飛び交う電話やメール。

会社の店じゃない、社長の店じゃない、ここは私たちのお店。『手伝って下さってありがとうございました』スタッフから私に発してくれる言葉は、「ありがとうございました」なんです。

能動的に動く集団。働く事に喜びを感じる集団。お役に立つ事で、やりがいと生きがいを感じる集団。一つの目標に向かってみんなで進んでいく集団。

すっと念じていました。ずっとこうなりたかった。でもここまで来るのには、地を這うような過酷な日々と時間を要したのも事実。回り道もいっぱいしました。

「喜びのタネをまこう!」 というフラッグ。   「また行きたいお店作り」というミッション。

マネージャーや店主の想いと情熱が、ストアチーフ、アルバイトリーダーに伝わっていく。その想いと情熱がアルバイト働きさんに伝わっていく。一人、二人と。そしてみんなの想いと情熱がお客様に伝わっていく。伝わっている。その輪がどんどんと広がっている事を感じ取る事が出来る幸せ。

すごい仲間、最高の仲間達。お疲れ様です。いつも本当にありがとう!!

これからも一緒に喜びのタネをまいていこうぜ!!

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集