鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 創り上げる

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 先輩GWの愉しみ »

創り上げる

2006年05月01日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

鎌屋は5月末をもって決算を迎え、第9期が終了します。一年の総決算は一日一日の、一人一人の積み重ねでしかありません。そう、みんなで創り上げていく(あえてこの字)のです(^^)v

いよいよ始まったゴールデンウィーク。そのさなかで嬉しいニュースが2本飛び込んできました。一つはニューズデリの数字。3月末の試算表で営業利益率が前年比18%増と過去最高の記録を更新した事。もう一つはどん事業部において、初めて全店揃って予算比、前年比ともクリアした事です。景気が上向いたとはいえ、まだまだ厳しい状況下での快挙に思わず叫び声をあげてしまいました(^^ゞ

結果としての数字が現実であり、その数字を創り上げていくのは他ならない人であります。数字を創り上げる、とは簡単に言えますが、その裏には想像も出来ないような苦難と、日々の祈るような想い、そしてひたむきな努力が隠されています。

「お客様、ジュースを買って頂けませんか!」予算を達成する為に、満面の笑みでお願いをしているのはほかでもない、アルバイト働きさん。

予算 170,000円に対し、売上 170,030円。決して数字だけではなく、目標に対する責任感と連帯感。達成した時に得られる充足感と喜びの共有。ぞくっ!とする光景や報告、発言や行動が日常茶飯事におきる社内や店内。呼び込みで逃げられると悔しがる後姿。ランチ客数を達成するとあちらこちらから聞こえる「やったー!」の声。記録が出た時のハイタッチ。熱い思いと他者を思いやる気持ちが込められた自由ノート。21:00前後に飛び交う電話やメール。

会社の店じゃない、社長の店じゃない、ここは私たちのお店。『手伝って下さってありがとうございました』スタッフから私に発してくれる言葉は、「ありがとうございました」なんです。

能動的に動く集団。働く事に喜びを感じる集団。お役に立つ事で、やりがいと生きがいを感じる集団。一つの目標に向かってみんなで進んでいく集団。

すっと念じていました。ずっとこうなりたかった。でもここまで来るのには、地を這うような過酷な日々と時間を要したのも事実。回り道もいっぱいしました。

「喜びのタネをまこう!」 というフラッグ。   「また行きたいお店作り」というミッション。

マネージャーや店主の想いと情熱が、ストアチーフ、アルバイトリーダーに伝わっていく。その想いと情熱がアルバイト働きさんに伝わっていく。一人、二人と。そしてみんなの想いと情熱がお客様に伝わっていく。伝わっている。その輪がどんどんと広がっている事を感じ取る事が出来る幸せ。

すごい仲間、最高の仲間達。お疲れ様です。いつも本当にありがとう!!

これからも一緒に喜びのタネをまいていこうぜ!!

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集