鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 100-1=0

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« サタデー・ナイト・フィーバー!?ワインセラー »

100-1=0

2006年06月07日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

以前にもお話しいたしました、今年の夏に行われるザ・どんの接客コンテストプロジェクト。全国のどんから代表が集まりその技を競い合います。大会内容の打ち合わせの中で、お世話になる先生から出てくる言葉に、思わず引き込まれてしまいました。

今回のプロジェクトは、私が役員会で発案させて頂いた事もあり、実行委員長として本部役員様、外部コンサルタントの先生と一緒に全体の内容をプロデュースする事になっています。今日の打ち合わせの中で「会社は、店は、店員はどうあるべきか」などの話があり、「最小率の法則」という法則論にまで広がりました。

様々な表現法があるようですが、私がOFF・J・T(of the job training)でよく使っているのが100-1=0という話です。いらっしゃいませ!から、ありがとうございました まで100個の作業やサービスがあったとして、最後に、例えばお会計の時とか、納品の時とか、アフターフォローなどにおいて、1つでもお客様が不満を持てば、何だあの店は、この会社はどうなっているんだ、と それまでの99が台無しになり、0にもマイナスにもなると言うものです。(ちょっと極論ですかね(^^ゞ)

桶にも例えられます。同じ高さのいくつもの木を束ねて作られる桶。1つでも背丈の低い木があればそこから水がこぼれ、一番低い水準になる。どんなに崇高な理想を持っていても、どんなに立派な経営理念であっても、経営者がいくら偉そうなことを言っても、現場で実際にお客様と接している働きさんが理解し実践していなければならないという話です。

ではどうすればいいか。先生のお話を聞き進める度に、体が熱くなりました。まさに鎌屋が今歩んでいる、今後歩もうとする方向性にほかならなかったのですから。(ブログだけではなく、ぜひこのホームページの隅々まで見て頂けたらと思います。小さいので解りづらいかも知れませんが、ミッションというページもぜひ(^^ゞ と、さりげなく宣伝(笑))

ずっと百点を取れ、なんて事を言っているのではありません。
人は環境に左右されやすい動物です。私達はなぜ働いているのか、何の為に働いているのかという使命観の共有がカギになると感じています。最初は一人、二人からでいいと思います。正働きさんだろうが、アルバイトの高校生だろうがそんなものは関係ない。自らの意思でその環境に身を置いている以上その主人公はまぎれもなく自分ですからね。

その輪がどんどん広がれば間違いなく化学反応を起こします。いえ、すでに起きていますし、思いがけない連鎖反応も出ています。

どんな会社に変化するのだろうか・・・
目に見えない第3の報酬を皆が掴んだら・・・

想像するだけでゾクゾクしています(^^)v

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集