鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 街中のオアシス

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« お帰り!?コンテスト »

街中のオアシス

2006年07月14日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

今は同じような商品がいつどこに行っても買える時代ですね。何を買うか、から何処で買うか、はたまた誰から買うかといったところでしょうか。そんな時代だからこそ、人間味溢れる接客を施してくれたお店は、忘れられないオアシスのような場所に感じてしまいます(^^)

事務所から自宅へ帰るまでに6箇所のコンビニエンスストアがありますが、昨日まだ行った事のないお店に立ち寄りました。時は23:00を回った頃。そこには20代前半でしょうか笑顔がとても素敵な店員さんがいらっしゃいました。お会計から「ありがとうございました」の見送りまで、そのホスピタリティ溢れる接客には、ただただ驚かされました。何が彼女をそうさせているのかはわかりませんが、次からはそのお店で購入する頻度が上がるのは間違いないでしょうね。

買いたい時に必要なものが買えればいい。確かにその通りですが、それは最低限の事前期待であって、それプラスアルファがあれば差別化となってかち組となるのではないでしょうか。それは勝ち・負けではなく、「かち」は「価値」に他ならないと思っています。その価値はブランドであったり商品であったり、時には接客であったり、おまけであったり、サービスであったり(かっこいいお兄さんが居るという事もあり? 笑)でもそれらを施すのは人間であり、お仕着せでなく本当に感謝の気持ちを持っている、それが伝わるといった、物とお金の交換以外の交流がオアシスの最低条件だと想っています。

私にとってのオアシスはいくつかあります。10年間通っているガソリンスタンドや理髪店、そして自動車販売店。自動車販売店?と思われる方もいらっしゃると思いますが、私が購入させて頂いたレクサス西広島店は、実は購入後のお付き合いの方が深くなっていくよう様々な取り組みをなされていらっしゃいます。オイル交換やメンテナンスはもちろん、究極の洗車マシーンを導入され、いつでも最高の状態に仕上げてくれます。そしていつも驚かされるのが出して頂くコーヒー。これまでに何度も豆の改良や機械調整が行われ、そのあくなき追求は留まる事がありません。ブランディングの一環?そんなものは気にせず素直に楽しんでおります(^^)v

200607141434000.jpg
お手拭までもが・・・

コンビニだから、レクサスだから、デリだから、丼だから、ではないんですね。扱っている商品やサービス、値段は違えど、なぜそこから買うのか。それは皆さんの価値観に起因していると思います。必要としているんだと思います。売り手の論理ではなく、買い手の価値観。

明日から三連休ですね。鎌屋のお店がお客様にとっての「オアシス」であるように取り組んでいきたいと想っております(^^)

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集