鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 一店は全店の為に

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 最初の一歩プラスα »

一店は全店の為に

2006年08月23日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

ついに始まったロールプレイングコンテスト。お陰さまで西日本大会を無事に終了する事が出来ました。西日本大会には、鎌屋から4名の代表選手が出場させて頂き、その手腕を発揮していただきました(^^)v

「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで、インショップは3分30秒、フードコートショップは2分30秒でその技を競い合います。会場には5人の審査員と、約100名近いギャラリーが壇上に視線を送ります。そのプレッシャーたるや想像を絶するものである事は容易に理解できます。
普段通りお店でやっている事が基本であり、緊張からそれ以下の力しか出ないことはあっても、それ以上は中々演技ではごまかしが効きません。ましてやお客様係りの配役によっては、三分の一しか力を発揮できない場面も多々見受けられました。

0020822.jpg
出場前の代表働きさん


「こんにちは! 有限会社 鎌屋 第36号ザ・どん広島パルコ店から参りました高末 今日子と申します!」 いよいよ競技スタート!

0080822.jpg

店舗番号順にスタートした競技は、丁度中間点少し前に、まず高末さん、少し空いてサンモール店の山田さん、後半終盤に福屋店の佐藤さん、アルパーク店の鈴木さんという順番で競技をいたしました。
声、ステキな笑顔、お辞儀などベーシックな所だけでは、なかなか優位性を発揮する事が出来ないくらいの接戦となりました。今回は第1回という事もあり、まず基本の部分で評価させて頂こうという趣旨でしたが、やはり各店の代表として、働きさんの代表として、各人レベルの高い所までその技術を磨いてきた事が接戦の要素になったのではないかと感じました。

ではどこで違いが出てくるのでしょうか。それは大きな声やホスピタリティ、会話力などマニュアルには表現しづらい要素での争いであり、それは普段お店で実践していなければなかなか出きるものではない表現力の違いではないかと思います。

無事競技が終了し会場を移してパーティーが始まりました。絶妙なテンポで繰り広げられる司会者のトーク。様々な景品が用意されたゲーム大会。とてもステキな時間となりましたが、いよいよ入賞者の発表です。
今回は、点数で誰が何位という発表ではなく、上位6名の方が入賞という形式となりました。そしていよいよ一人目の発表が・・・その結果はこちらでご覧下さいませ(^^ゞ

来週は東日本大会が熱海で行われます。こちらも接戦が予想され、今からとても楽しみにしております。コンテストの目的は、スキルアップの向上や、それを自店に持ち帰る事による店舗力の向上もありますが、全国の仲間と一同し、その一員としてフレンドシップを共有する事もあります。普段は中々他のお店の方と触れ合うチャンスがありませんので、喜びや苦労などお互いの意見が話し合える絶好のチャンスでもあります。そしてなにより大切な事は、一店だけ良くなるのではなく、全店が少しずつでもレベルアップを図り、お客様のお役に立つ存在、チェーンに育たなければならない事にあります。そしてそれを創り上げていくのは、働きさん一人一人に他ならないのです。だからこそ今回の第一回目を開催できた事は大きな前進の一歩でありますし、二回目、三回目へとつなげていきたいと想っております。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集