鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 転機

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« CHINA その2 「中国事情」出入口 »

転機

2006年09月28日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

人生にも転機があるように、会社経営においても転機は数多く存在いたします。その規模の大小や内容は様々ですが、どこか存在意識の中に変化を求めているからこそ訪れるものだと想っております。

今鎌屋は久しぶりの大きな転機に入っていこうとしています。大型のファイナンスとそれに沿った財務内容の強化。新規事業の起案とジャッジメント。実はこのブログを書いている数時間前に決定的な出来事がありました。

経営者として、やらなければならない仕事はたくさんあるのでしょうが、その中でも中長期計画の策定は非常に重要な要素を持っていると考えております。それは経営者が、こうしたい、こうありたいと動かなければ、賛同してもらえなければ、組織は、状況は変わらないからに他ならなりません。業種や規模、内容にもよるのでしょうが、そこは経営を預かる者として避けては通れないと覚悟しております。

でも・・・ 覚悟はしているんだけれど、たまに逃げたり、ごまかしたりと弱い自分に出くわす時も正直あります。ん?違う。ありました(苦笑)  でも逃げられない、ごまかせない。そこに矛盾を残すから振り出しに戻るわけで、ましてやそんな弱い自分が嫌になりますから・・・(^^ゞ

話がずれました。今回の転機はAかBかの大きな分かれ目でした。結果追い求めてきたAには、今回、ご縁が無かっただけと、いえ「今はまだ早いよ、ほかにやらなければいけないことがあるんだよ」とお告げ頂いたと想っています(^^)v

その瞬間から、BやC、もしかしたら新たにDという道も出てくるかもしれない。だからその時の転機を最大限に活かしきるため、頭の中は色んなビジュアルでいっぱいになります。

転機は望むから出てくる。必要だから出てくる。転機を楽しめるか。チャンスに出来るか。心のあり方で、その結果も変わってきますもんね。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集