鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » ネオ・ジャパネスク

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 39歳の誕生日に添えて 北京大会(その1) »

ネオ・ジャパネスク

2006年10月25日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

今期中にいくつかの新ブランドを立ち上げる予定ですが、その中のワンブランド・コンセプトである「ネオ・ジャパネスク」を象徴する絵が届きました。どんなブランドに進化していくのか、今からとても楽しみです。

以前このブログ内で、そろそろ・・・いくでー! と叫んでから、驚くような出会いや環境が猛スピードで私を取り巻いております。そろそろ・・・と、いきたかったのですが、許してもらえません(笑)

まだ具体なお話はできませんが、新規事業を立ち上げる上で、コンセプトはどうしても必要不可欠のものであります。店舗設計やデザインなど全てを一つのベクトルに向けて開発していく必要があるからです。もちろん私は設計ができませんのでブレーンさんにお願いしていくのですが、「こんな感じ」を伝える上で、ビジュアルは有効な手段となるのです。

wg.jpg

この絵はウイリアム・ゲートウッドという方の作品で、着物を独特のタッチで描かれております。


日本古来の伝統的な和風意匠を大切にしながらも、時には脱却し、新しい日本スタイルの提案やアレンジを施していく独自の造形美といった所でしょうか。その中で、例えば店舗運営においては日本人特有の和の精神、絆、礼節たるものを大切にしていく、そんな事をベースに進めております。

ところでなぜ「ネオ・ジャパネスク」なのかと言いますと、実は先月北京に行った時、北京もすばらしいんですけど、実は日本のすばらしさを感じ取ったからに他なりません。海外から日本を見た事で、日本との違いを感じた事で、はじめて「日本」を意識できたわけです。

その時に頭に浮かんだのがこの絵。しばらく行方不明状態でしたが、次回のコンセプト会議に間に合いました。

さてさて、うまく伝える事ができるかな?

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集