鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » ご縁

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 北京大会(その2)南国・宮古島 »

ご縁

2006年11月12日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

最近仕事を進めていく中でつくづく、人と人とのつながりって大事だな、ありがたいな、助かるな、と思うことがよくあります。本来であれば、なかなか難しい要望も、「これも何かのご縁」という返事が返ってくるのも、人と人のつながりがあるからこそ。大切にしなくては・・・

何をするにも、相手は人。そこには、ドライな関係もあるでしょうし、ウェットな関係もあります。ちょっとでもいいから、連絡をしてみる。時には頼ってみる。何かできることがあれば、協力させて頂く。そんな中、何気なく発した たった一言が、会社の運命を大きく変えてしまいます。

鎌屋は今、いくつかの大きなプロジェクトを抱えております。それらはすべて「何気ない」一言から始まっているのですが、よくよく考えると「何気ない」のではなく、内に秘めている想いや考えを言葉に添えて、ご縁戴ける事があれば、お役に立てることがあればと「心」を開いている状態であるからこそ授かったご縁のような気がします。言葉で表せば「言霊」となるのでしょうか。

そのご縁で集う人々は、利害や損得といったそろばん勘定だけではなく、それ以上に「こんなものができたら最高だよね」とか「この方向性に一緒になって進んで行こうよ」「私はこんな事ができるけどお役にたてます?」など理念や価値観の共有、それぞれが持つ使命感や魂のすり合わせ・ぶつけ合いを経て、最高の作品を作る為に集う人々と感じております。

そんな状態で事を進めていると、偶然なんだけど困っている事を解決してくれる人がいきなり現れてくれたりします(笑) 「そうそう、そんな商品(サービス)を探していました」なんて出来すぎるくらいの事が自然と身の回りに起きております。

なぜそんな状態が続くのだろう?なぜ人々がつながって、広がっていくのだろう?神様からの贈り物かなー?なんて考えるんですが、それは「自己の確立と決意」だと想っています。

「鎌谷は、鎌屋はこんな人間、こんな集団です。強い部分と弱い部分はこれこれです。こんな方向に進もうとしています。やる!と決めたことはあきらめずに取り組んでいこうと想います」とすべてをさらけ出し、目に見える部分見えない部分でこちらからアピールする事によって授かったものと考えております。神様からの贈り物もちょっぴりあるかな?

何かのご縁。「授かったご縁はこちらから切ってはならない」と教わりました。大切に大切に育んでいこうと想います。感謝

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集