鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2006年12月の記事

2006年12月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

ラッキーパワー

2006年12月31日

by 鎌谷 律脩

年末年始もどこかのお店は営業させて頂いておりますので、会社としての仕事納め、仕事初めは無いのかもしれません。今も、そして明日元旦も仕事をしてくれている働きさんがいてくれている。しかも半端な忙しさではありません。どんなに感謝してもしきれない・・・・ 本当にお疲れ様です!

今年もたくさんの出会いや経験をする事が出来ました。これまでのブログ記事を読み返してみると、あっという間の一年なんだけど、充実した一年を送ることが出来たと感じ入っております。ひとえに皆様のお陰と心より感謝申し上げます。

たくさんの出会いや経験もそうですが、「言葉」の出会いも人生を変える大きなきっかけになる事を教わった一年でもありました。2006年を表す言葉は「命」でありましたが、私の場合は何だろうと考えてみると・・・

「よかったね!」 でした。

ブログの記事には楽しい話や嬉しい事ばかりを書いているのかもしれませんが、実際はそんな奇麗事だけでは勿論ありません。
それは「合わせ鏡」であって、内なる原因は全て自分の中にあるとするならば、「その荷物は自分で捨てる事でしか解決の道はない」と教えて頂きましたので、必ず帰ってくると覚悟させられました。その荷物は、私に直接帰ってくるとは限りませんでした。家族に帰ってきた事もありますし、働きさんに帰ってきた事もあります。本当に申し訳ない事をしたと想っております。

「荷物」からは逃げられません。捨てるというのは向き合って自分に取り入れるという事だと想います。その事で得られた、乗り越えられたという事ですから、それは「荷物」にならないという事かもしれませんね。

であるならば、「起こりえる事は全て必然であって、偶然などない」と、どこかの番組でも言っていましたが(^^ゞ 起こりえる事に感謝し、「至らない自分に気付かせてくれて、よかった!」「こんな問題を与えてくれて、よかった!」と・・・

言霊、それがラッキーパワーとなって、「喜びのタネ」につながっていけたらな、来年はそんな一年にしたいな、と想っています。

今年一年、本当にお世話になり、まことにありがとうございました。
どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

ありがとうございました。合掌

「あなたの喜ぶ顔が見たい」

2006年12月25日

by 鎌谷 律脩

「メリークリスマス、今日はどう?」 「日曜日の割にはいいんですよ、明日 マネージャーの喜ぶ顔が楽しみです」イブの夜、新規業態みちなりの清水店主が私にかけてくれた言葉は、最高のプレゼントでもありました(^^)v

和風居酒屋「みちなり」の営業譲渡を受け、鎌屋での運営が早や1ヶ月経過いたしました。本当に多くの方のお力添えやご指導を頂き、忘年会シーズンということもありますが連日大変な賑わいをみせてくれております。


mitinali_R.jpg
今日もフル回転でした(?_?)


身内の自慢話をするつもりはないのですが、正直、1ヶ月でこの言葉を聞かせて頂けるとは思いもしませんでした。逆にこの言葉が聴けたという事は、やって良かったという確信を持てたという事、今後が非常に愉しみであるという事であります。

1ヶ月前、彼ら彼女らは本当に不安そうでした。今もきっとその気持ちは持っていると思います。いきなり「働くという事は」「どういった方向に進んで行こうか」「経営理念は」なんて、今まで考えた事がないような話(多分・・です(^^ゞ ) を聞かされたのですから無理もありません・・・(笑)

さて、「あなたの喜ぶ顔が見たい」というスローガンは、実はダスキンの年次テーマであります。「あなたの喜ぶ顔を見つづけたくて。新しいチャレンジをつづけたくて。」 今月12日、東証・大証1部にダスキンが上場した際に、新聞各社のお知らせ掲載広告にもありました。

この「あなたの」 は、色々あると想います。もちろんお客様、家族、同僚、友人など様々でしょうが、このスローガンの後には、こんな続きがあるのではないか、こんな言葉が隠れているのではないか、と想っております。

それは・・・「あなたの喜ぶ顔が見たい。それが私の喜びであり、生き甲斐であります。あなたのお陰です」と解釈しております。

隠れている言葉は何か?

それは・・・「あなたから」だと想っています。

あなたから=私から

私から変わる、変える。そうする事で周りも変わっていく。お店も変わっていく。その目的は「あなたの喜ぶ顔が見たい」であり、「また行きたいお店作創り」に他ならないのであります。

喜びを力に・・

2006年12月19日

by 鎌谷 律脩

忘年会シーズンも今週がピークでしょうか。先日は八丁堀シャンテで大忘年会が行なわれました。宴の中、テレビ局の元看板アナウンサーが紹介された、マラソンランナー・有森裕子さんの話がとても印象的でした(^^)

円卓形式でおよそ200人はおられたでしょうか。演奏や落語、踊りに大合唱と、約3時間に渡り様々な演目や交流を楽しむ事が出来ました。円卓中央にはテーブル名が掲げられ、キリンやゴリラ、駱駝(ラクダ)にゾウと動物シリーズで構成されておりました。


baton008_R.jpg
幾田バトン舞姫の華麗な演技


ちなみに私がご縁頂いたテーブルは「白鳥」 初めてお会いした方が半数以上でしたが、皆さん凄い方ばかりでありました。なぜか白鳥のテーブルは異様な盛り上がりをみせ、しまいには「白鳥の会」なるものまで発足いたしました(笑)


syuugou013_R.jpg
「白鳥の会」発足!?

mikawa006_R.jpg
みかわの玉三郎さん 最高のパフォーマンスでした(^^)v

niko007_R.jpg
二胡による「涙そうそう」は鳥肌ものでした(T_T)


宴もたけなわ、CD制作発表の為ライブが行なわれたのですが、その中であるエピソードが紹介されました。有森さんは2度のオリンピックでメダルを獲得された国民的英雄ですが、実は競技人生の中で、ランナーとしては致命傷ともいえる「かかと」の手術を経験されたそうです。


kanda009_R.jpg
鎌屋創業期、実は番組でお世話になりました。


術後、復活を賭けて挑んだのが95年の北海道女子マラソンで、実況を担当されたのがこのアナウンサー。競技開始にあたり今の心境を聞いた所 「私はまた走る事が出来る。走る事が出来る喜びは何事にも変えがたい。この喜びを力にしてがんばりたい」とお話をされたそうです。結果、マラソンとしては見事初優勝を飾られ、翌年のアトランタでもメダルを手に入れられました。

走れる「喜び」 それは当たり前に暮らしていると感じ得ない感情かもしれませんね。歩く・食べる・見える・聞く 「あれがない、これがない」と不満ばかりを探すのではなく、今当たり前のようにある、おきている事に感謝し、それを喜び、更なる力にして歩んでいく。「あれもある、これもある」と考えると、それだけで不思議と笑顔でいれますもんね。


gassyou012_R.jpg
大盛り上がりの場内です。


さて、会は大抽選会を行い、最後は壇上に上がり「サライ」を大合唱。忘年会はひとまず終了となりましたが、白鳥テーブルでは延々と一本締めや(ぜんぜん締まらないし・・・笑)  3・3・7拍子が繰り広げられ、「白鳥の会」は全員2次会へ!


mori015_R.jpg
森 ○一ことマスター。微妙です(^^ゞ


gaka014_R.jpg
左の男性、実は洋画家の大御所であります。

tarako016_R.jpg
岡○社長、うまくモザイクがかかりました(汗)


2次会の途中、「白鳥の会」の分科会として? 今後二胡を習う事になりました。来年一年の計画と、一年後の発表会まで決まりましたので、またご報告させて頂きたいと想います。

PS  写真選びと言葉に苦労したブログ記事でした・・・(^_^;)

へそ曲がり倶楽部

2006年12月14日

by 鎌谷 律脩

忘年会シーズン真っ盛りの今日この頃ですが、先日ニューズデリで過去最高の人出を記録するパーティーが行なわれました。会の主催はその名も「へそ曲がり倶楽部」 へそ曲がりな人達が集まる会? いえいえ、とっても素敵な方達ばかりであります。

一昨年の春に、ふとしたご縁で講師を勤めさせて頂いた事がきっかけとなり、時折参加させて頂いている「へそ曲がり倶楽部」 毎月講師をお招きし、ざっくばらんに交流する会ですが、年齢や職業等とても幅が広く、それでいてみなさんとてもフレンドリーな方達ばかりで、いつも笑顔が溢れる、元気がたくさんもらえる交流会であります。

へそ曲がり倶楽部の詳細はこちら。

昨日は忘年会、6周年、演奏会を兼ねて行なわれ、当初予定を大幅に上回る60人前後の方達にご来店を頂き、立食形式で行なわれました。


001R.jpg


002R.jpg
あちらこちらで笑談(^^)


004R.jpg
ギターの達人 本気で凄かったです!


005R.jpg
6周年記念にそえて


約3時間に渡る交流会となりました。半数以上の方とは初対面でしたが、何よりも嬉しかったのが、働きさんに対してみなさんが、「おいしかったよ」「最高のスタッフだね」と、やさしい言葉をかけてくださった事。その言葉を胸に、彼ら彼女らがいきいきと笑顔で働いている姿を見て、とても胸が熱くなりました。

皆様、本当にありがとうございました。

参考記事
デリ60人パーティー!(安芸人力組日記)

手紙

2006年12月07日

by 鎌谷 律脩

「パパ、サンタさんへお手紙書いたんよ・・」 毎年恒例となったクリスマスプレゼントのリクエストが子供達からありました。サンタさんの存在を、頑なに信じている(はず?)間は、一緒に楽しみたいと想っています。

会話の中身や、催促の仕方を見ておりますと、どうも上の娘(小4)は気付きだしているようです(笑) 手紙の内容は、駆け引きに近い文書で構成され、どうしても第一候補を用意しないといけないように導かれております(^_^;)
「駆け引きの仕方が誰かにそっくり」(嫁談)って誰の事でしょう??

息子(小2)は純粋なのか単純なのか存在を認めており、手紙の内容や発言には思わず私も笑みがこぼれます。(親バカですいません) ただ、サンタさんと私は友達で、携帯で色々と話をしているという設定になっていますので、電話番号を聞かれたらどうしようといつもビクビクしております。


s003_R.jpg
サンタ行きのポスト?

毎年手紙には、いい子になる為のありとあらゆる誓約書が書かれております。その実行性によって、サンタさんが来るか来ないかの分かれ道となっていますので、何か問題があると「サンタさんに報告しなきゃ」と、即効性のある殺し文句によって全てが解決します。それもどうかとは思いますが、我が家の12月はいつもにまして平穏な毎日を過ごしております。

ところで我が家では、家族間での手紙が結構あります。サンタさんへの「お願いもの」は年に一回で、それ以外は置手紙(変な意味ではありません・・)、感謝の手紙、報告の手紙など色々あります。仕事柄、中々会えない事もありますが、こうやって手紙で思いを伝え合う事はとても大切ですね。

窓の風景

2006年12月02日

by 鎌谷 律脩

早いもので街角にはクリスマスのイルミネーションが飾られております。窓から見下ろせるその通りには、多くの人と車が行き交います。この度、並木通りに事務所を開設する事になりました。

鎌屋はこれまで事務所らしい事務所は構えた事がありませんでした。事業内容から、特にその必要性がなかったということもあります。フランチャイズの展開であれば、事業内容のすべてを本部が構築してくれますので、各店パソコンがあれば、ある程度の集計や数値分析などは店主室で事足りますし、経営会議などはどこかのお店の営業前か、終わった後に集まっておりました。

3年前にニューズデリがオープンした際に借りたのが榎町の一軒家ですが、どちらかと言うと寮におもきを置いていて、当初事務所はおまけみたいな感じで使用しておりました。

昨年からニューズデリがライセンス店に移行した事でデスクワークが増え始め、今後のオリジナル業態開発を行なっていく為には、独立した事務所が必要となったしだいであります。


jimu002_R.jpg
パルコまでぐっと近くなりました。


jimu001_R.jpg
まだ殺風景ですが・・・

今回の事務所は四面ガラス張り。季節に応じて窓から見える風景が今からとても楽しみです。お近くへお寄りの際はぜひお立ち寄り下さいませ。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集