鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 喜びを力に・・

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« へそ曲がり倶楽部「あなたの喜ぶ顔が見たい」 »

喜びを力に・・

2006年12月19日| プライベートコラム [35]

by 鎌谷 律脩

忘年会シーズンも今週がピークでしょうか。先日は八丁堀シャンテで大忘年会が行なわれました。宴の中、テレビ局の元看板アナウンサーが紹介された、マラソンランナー・有森裕子さんの話がとても印象的でした(^^)

円卓形式でおよそ200人はおられたでしょうか。演奏や落語、踊りに大合唱と、約3時間に渡り様々な演目や交流を楽しむ事が出来ました。円卓中央にはテーブル名が掲げられ、キリンやゴリラ、駱駝(ラクダ)にゾウと動物シリーズで構成されておりました。


baton008_R.jpg
幾田バトン舞姫の華麗な演技


ちなみに私がご縁頂いたテーブルは「白鳥」 初めてお会いした方が半数以上でしたが、皆さん凄い方ばかりでありました。なぜか白鳥のテーブルは異様な盛り上がりをみせ、しまいには「白鳥の会」なるものまで発足いたしました(笑)


syuugou013_R.jpg
「白鳥の会」発足!?

mikawa006_R.jpg
みかわの玉三郎さん 最高のパフォーマンスでした(^^)v

niko007_R.jpg
二胡による「涙そうそう」は鳥肌ものでした(T_T)


宴もたけなわ、CD制作発表の為ライブが行なわれたのですが、その中であるエピソードが紹介されました。有森さんは2度のオリンピックでメダルを獲得された国民的英雄ですが、実は競技人生の中で、ランナーとしては致命傷ともいえる「かかと」の手術を経験されたそうです。


kanda009_R.jpg
鎌屋創業期、実は番組でお世話になりました。


術後、復活を賭けて挑んだのが95年の北海道女子マラソンで、実況を担当されたのがこのアナウンサー。競技開始にあたり今の心境を聞いた所 「私はまた走る事が出来る。走る事が出来る喜びは何事にも変えがたい。この喜びを力にしてがんばりたい」とお話をされたそうです。結果、マラソンとしては見事初優勝を飾られ、翌年のアトランタでもメダルを手に入れられました。

走れる「喜び」 それは当たり前に暮らしていると感じ得ない感情かもしれませんね。歩く・食べる・見える・聞く 「あれがない、これがない」と不満ばかりを探すのではなく、今当たり前のようにある、おきている事に感謝し、それを喜び、更なる力にして歩んでいく。「あれもある、これもある」と考えると、それだけで不思議と笑顔でいれますもんね。


gassyou012_R.jpg
大盛り上がりの場内です。


さて、会は大抽選会を行い、最後は壇上に上がり「サライ」を大合唱。忘年会はひとまず終了となりましたが、白鳥テーブルでは延々と一本締めや(ぜんぜん締まらないし・・・笑)  3・3・7拍子が繰り広げられ、「白鳥の会」は全員2次会へ!


mori015_R.jpg
森 ○一ことマスター。微妙です(^^ゞ


gaka014_R.jpg
左の男性、実は洋画家の大御所であります。

tarako016_R.jpg
岡○社長、うまくモザイクがかかりました(汗)


2次会の途中、「白鳥の会」の分科会として? 今後二胡を習う事になりました。来年一年の計画と、一年後の発表会まで決まりましたので、またご報告させて頂きたいと想います。

PS  写真選びと言葉に苦労したブログ記事でした・・・(^_^;)

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集