鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 逸品!

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 教習所もう一つの教習 »

逸品!

2007年01月24日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

「逸品」 それはこの上もなく優れた一品の事ですが、最近そういった品物に出会う機会が増えてきているように想います。それらこだわりの逸品には、並々ならぬこだわりが隠されておりまして、随時お客様にご紹介できたらいいなと考えております。

「もっと安い○○はないか」ではなく「もっと美味しい○○はないか」 その判断基準とさじ加減が会社の性格や経営の質を変えていくと想っています。もちろんお金に糸目をつけなければ、世界中から最高級の食材は手に入るのでしょうが、身近な商品で本物志向の「逸品」は、案外見落としてしまっているのかもしれません。

まずは昨年宮古島に旅行へ行った時に出会ったこのビール。宮古の特産品ではないのですが、とにかく「うまい!」 それでいて体にも良い要素がたくさんあるようです。 
活きたビール酵母が入っているので消費期限や保存方法など、少しだけ取り扱いに注意が必要なのですが、どうしても生樽をお店に置きたくて、様々な方にご協力を頂きついに設置する運びとなりました。


m001_R.jpg
皆様本当にありがとうございました。

他にも宮古島では、塩、泡盛、アロエ、らっきょなど色んな食材と出合う事ができましたので、随時挑戦していきたいと想っておりますが、そんな中、先日ある方から「日本一うまい豆腐を食べに行かないか」と声をかけて頂き、早速昨日お邪魔してまいりました。

社長自らお出迎えして頂き、工場見学の後、会議室で鍋パーティー?となりました。豆腐は生産性向上という観点から、十数種類の添加物が用いられているそうですが、こちらのお豆腐はにがりと水と大豆のみ。排水にも細心の注意を払われておられました。お話をお伺いしておりますと、そのこだわりや情熱に非常に感銘を受けました。また豆腐のみならず、純米酒や料理酒、お醤油などこちらもこだわりの逸品。なんでも「良い食品を作る会」という会があり、非常に厳しい基準をクリアしていないと入会できないそうで、次回ぜひ勉強会に参加させていただきたいと想っております。


m002_R.jpg
これぞ逸品! という美味しさでした(^^)v


「生産条件優先のこれまでの風潮から一歩進んで地域環境に配慮した生存条件優先の食品づくり」 競争ではなく共創。そんな使命感や真摯な取り組みが、「逸品」を産み出しているようであります。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集