鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2007年03月の記事

2007年03月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

GMIO

2007年03月26日

by 鎌谷 律脩

GMIO? 実はこれ、毎月みちなりで行われている恒例イベントの略語であります。今回で3回目を向かえたのですが、毎回 善亭ぶ生さんの落語に加え多彩なゲストにお越し頂き、GMIOをたっぷり満喫するイベントであります。

昨年宮古島へご案内頂いた際、善亭ぶ生ことジャパンツーリスト(株)の櫛さんから「毎月落語の定例会をみちなりでやりましょう」とうれしいオファーがきっかけとなりました。
初めて訪れた宮古島に惚れ込んだ私は「それなら宮古島の食材が食べられるようにしましょう」「銀河高原ビールを生樽で」「だったらこんな催しも・・」等々、色んな企画をまとめているうちに・・・

G・・・銀河高原のG
M・・・宮古島のM
I・・・癒しのI
O・・・お笑いのO

つまり 銀河高原ビールを飲んで、宮古島の食材を用いた料理を食し、会のトータルでお世話になっている友愛堂の宮原先生から癒しの施しを頂き、櫛さんの落語(お笑い)を堪能しようと欲張りな会?となったしだいであります(笑)

催しに際して、実は食材の手配や専用のサーバー導入など実にたくさんの方から暖かい御力添えを戴いており、そのお陰で成り立っていることは言うまでもありません。皆様、本当にありがとうございます。

さて、毎回いろんな方にお越しいただき、その勢いは留まる事を知りませんが、今回は参加人数が大幅に増えた為、参加予定だった私は急遽なんちゃって店員でお店の御手伝いをさせて頂くことにあいなりました(^^ゞ
その多彩なゲストの中、尾道からお越し頂いた若手経営者と久しぶりに再会を果たしたのですが、なんとみちなりの店長と以前からの知り合いであることが判明。その他にも色んなシンクロがあり、やはり世間はつながっているんだなーと改めて実感したしだいであります。

年齢も職業もばらばらなんだけど、皆様本当に良いパワーをお持ちのようで、そのパワーの相乗効果とでもいうのでしょうか、今回も本当に華やかな時空間を過ごすことが出来ました(^^)v

彼女に導かれて・・・

2007年03月18日

by 鎌谷 律脩

今の現状を作り出しているのは自分。この道、この人を選んだのも間違いなく自分。なのにその事を環境や他人のせいにしてしまう自分。「答は全部自分の中にあるんだよ!過去と他人は変えられないんだよ。分かるかい?」

ふとしたご縁で出会ったこの女性。最近はあまり講演会などに出かける事は無いんだけど、彼女が行なう講演会だけは、よほどの事がない限りなぜか参加している・・・

講演会なんだけど、いわゆるスキルやノウハウ、テクニックや経験など何かを得られる類では無いように想う。だったらなぜ何度も通うのだろう?といつも考えるんだけど、それは「導かれている」という表現なのかなー?

たとえば苦しみ、ねたみ、怒り、嫉妬・・・ 心の感情に縛られて、自分の中にその感情があるがゆえに感じいってしまう、握ってしまう。

だったら一緒じゃん。

「はっ!」と気付かされて、「握るな・離せ・許せ」と言い聞かせても、時間が経つといつの間にか握ってしまう弱さ。

そんな時に現れる彼女。

たとえば欲や我・・・ お金では手に入れる事が出来ないもの。こちら側が与えない限り手に入れる事が出来ないのにあつかましく頂戴と言う。

それらは全て自分の中にあるのに、他にあるはずと彷徨(さまよう)

「はっ!」と気付かされて、自分と必死に向き合うんだけど、時間が経つといつの間にか彷徨っている愚かさ。

そんな時に現れる彼女。

彼女に会いに行く事は自分に会いに行く事なのかもしれない。


たぶん 導かれて・・・

数値

2007年03月10日

by 鎌谷 律脩

事業を行う上でプロセスも大切ですが、運営のバロメーターは結果としての数値がものを言います。「数字」と聞いただけで「苦手・嫌い」と拒絶反応を示していた私が、いつからか「面白い・得意」に変わったのは、紛れも無く恩師のお陰であります。

お話した事もありますが独立するまでの過程において、2年間ほど経営コンサルタントの恩師に従事していた時期がありました。外食業の会社を2度IPO(株式公開)させるほどの凄腕、といっても未だにその実力を推し量る事はできないような雲の上の存在でありますが・・・

さて、最近その師匠から教えて頂いていた時期の資料を読み返す事がよくあります。その中でも、戦略(方向性)や 戦術(戦略を成し遂げる為の方法)に関する資料はもちろんの事、その実態を明確にしてゆくための取得必要データと数値分析法は、今でも鎌屋にとって貴重な資料の一部と認識しております。

ではなぜ「数字」が「面白い・得意」になったのか。それはいたって簡単な事で、教えて頂いた事により「数字」が「変化」をする事が面白く、その結果立てた戦略や行なった戦術の検証作業に結びついているからだと想います。

ゴルフの打ち方を教えてもらって、スコアが伸びる実感。ロールプレイングゲームを少しずつクリアし、次のステージに進める喜び。例えが悪いかもしれませんが、当時そんな感覚で毎日ワクワクしていた記憶があります。

例えば原価、人件費から始まり、利益(損益計算書)を変化させる為の分析、貸借対照表を変化させる為の材料相関(発注実績・在庫回転)の分析などなど。その結果出てくる管轄店舗の年間、四半期、月次の決算書は、健康診断の結果発表のようなもので、健康か不健康か一目瞭然でもありますしなによりリアリティであります。

そして「経営はバランスが大切」と色んな意味で言われる事がありますが、例えばその決算書によって今は成長拡大(攻撃)と安定・休憩(守備)のどちらに重点を置くのかといった経営戦略のバランスにも関係してきます。

もう一つのバランス例。外食業は支払いサイトより収入サイトが早いため、赤字でも会社を何とか回す事が可能な時があります。しかしある一定の年商を超えてくると何とかならない事があります。決算書が読めないと、数%の動きをつかんでいないと致命傷になる場合があります。例えば3%という数値。微々たる数値と思いがちですが、年商5億の3%と考えたら・・・

更にはキャッシュフローのバランス例。今一番私自身留意している計算書ですが、営業活動・投資活動・財務活動の各キャッシュフローのバランスから導かれる分析は、例えば融資を受ける際の格付けにも用いられます。ケース判定は金融機関によって8段階や10段階など様々のようですが、今は数値を打ち込むだけで適か否かを判断できるシステムがあるそうで、例えばBプラス判定なら融資は受けられるのに、Bなら拒否。その差は僅かな事もあるのでしょうが、こちらも致命傷になる事がありますからね。

そういえば・・・当分健康診断に行ってないなー。
私の体はどんな数値が出るんだろうか(笑) 久しぶりに決算してきます(^_^;)

勿体(もったい)

2007年03月04日

by 鎌谷 律脩

「結婚して昨日籍を入れたんですよ」
10年前、鎌屋の創業期にアルバイトに来てくれていた働きさんが嬉しい報告を持って来てくれました。お互いから出た言葉が「変わらないね!」 10年ですからかなり変わっていると想うのですが(笑)二人の間では、いつまでも当時のままなのかもしれませんね。

当時高校生だった彼も、今は大工として修行を重ねているようで、「来年には独立を視野に入れています」と心強い言葉を聞かせてもらいました。嬉しかったなー!! 当時は一緒になって夜中まで遊んでいたと記憶しております(^^ゞ

さて話は変わりますが、仕事柄や様々な出会いの中で、若者に接する機会が多い方だと思います。その中で近年感じているのが若者の就労や価値観に対する変化。若者の日雇い就労。安易な気持ちで手を染める理不尽な就労。お金さえ得られれば良いという価値観。様々な諸問題がマスコミをにぎわしておりますが、ではその問題の本質はどこにあるのだろう? 大人たちが本当に伝えるべき事を伝えられているのだろうか そんな問いを自分に投げかけております。

伝えるべきものは何なのか。どんな問いなのか。それは各人の中に持っている、もしくは眠っている「自分」という本体を、勿体(もったい)表(あらわ)していますか?という事だと想っています。

その答は多分私の中には無く、各人の中にあるのでしょうが、そこに向き合わないなんて勿体無い(もったいない)ですからね。だから一緒に勉強しようよと始めた勉強会。大学生や社会人、鎌屋の卒業生や現役の働きさんとメンバーは様々ですが、とにかく熱い!次回で3回目を迎えますが、会を重ねるたびにその輪は広がっており、会には参加しなくても、色んな会話の中で、存在意識の中には「このままで・・・?」という問題意識を持った若者がたくさんいる事を教えてもらいました(^^)

このままでいいのだろうか? 本当はどうなりたいんだろうか? そんな事を誰が教えてくれる? 私に何ができるのだろう?

押し問答のようですが、自分に問いかける事で、一緒に考える事で、もったいある何かのきっかけ作りになってくれたら・・と想っております。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集