鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » ユニット経営

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« 「報恩の托鉢」二本の電話 »

ユニット経営

2007年04月22日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

「鎌屋の特徴は?」と聞かれると、これまでは「オープンブック経営」や「メジャーリーガー育てます」などをメインに答えておりましたが、これからは「ユニット経営」も加わる展開をそろそろ行なっていこうと考えております。

会社の形態として一般的なのが、いわゆるピラミッド型といわれる組織作りだと思います。それはそれでいいのですが、鎌屋は大きなピラミッドを形成するのではなく、小さなピラミッド(ユニット)を幾つも形成し、そのホールディングとして鎌屋があるという形にしていきたいと常々想っておりました。

例えば一つのユニット規模が、店舗数5店舗、年商3億とするならば、そのユニットが10あれば、ホールディングとして鎌屋の連結は50店舗年商30億という規模。

なぜそのような形にもっていきたいのか・・・ 理由はたくさんありますが、流れとしては「オープンブック経営」を実際に行なった、まだまだ未熟なんだけどメジャーで戦えるスキルも身に付いてきた、だったら自己実現の一つの手段としてユニットの長になってその能力を発揮して欲しい。でも決して会社からの一方的な辞令ではなく、本人がその役目を引き受けたい、挑戦したいと想ってもらえるような形が、鎌屋の表現方法と申しましょうか、「らしさ」なのかもしれません。

そしてホールディングとしての鎌屋 これも理由はたくさんありますが、メインは相互補完が根底にあります。例えばファイナンス。今は様々なやり方がありますが、個人(経営者)の連帯保証だけでどこまでファイナンスが出来るのかは未知数であり、そのヘッジ(回避)しかも間接金融の範囲内では、ユニット同士の連帯保証が有効になるのではないかと考えております。

横軸のアメーバ的展開と言えるかもしれませんね。となるとやはりキーポイントは「人」なんですが、そんな中(どんな中やねん!と突っ込まないでね・・(^^ゞ )この度ご縁あって新しい仲間に加わって頂く事になりました。(詳しい話はまた後日・・)

10年目を迎える鎌屋。しばらくはユニット経営にも注力していこうと考えております。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集