鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2009年02月の記事

2009年02月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

ちょっとした知恵

2009年02月28日

by 鎌谷 律脩

「ビジネスは心理学である」某有名財界人の言葉ですが、確かにその側面はあると想います。例えば「松竹梅の理論」なるもの。うなぎ屋さんやお寿司屋さんで、一番下のグレード「梅」ではちょっとケチかな、「松」では贅沢だから「竹」を選ぼう、といった人の心理を突いた商売人の知恵としても見ることができます。

「竹」つまり真ん中のグレードを選ぼうとする性質を、行動経済学では「極端性回避」と呼ばれるそうです。他にも「希少性の原理」「選考逆転の法則」「ラべリング効果」など行動経済学、サービス心理学なるものは、実際の店舗運営にもその効果を発揮します。

最近驚いたお客様の行動で、メニューが多すぎて選べない事を理由に他店へ行かれた事がありました。勿論他にも理由があったのでしょうが、実はこれ、「選択回避の法則」というもので、豊富な選択肢はむしろ選びきれない、めんどくさくなる傾向があるようです。

飲食店がよく陥る傾向で、売上が落ちてくると「あの商品がないからではないか」と手前味噌の判断でメニュー数が増えていく。すると何屋かよく解らなくてお客様に選んでいただけない、さらにはオペレーションが乱れて益々売上が下がる・・・

師匠から口を酸っぱくして教えられていたはずなのに! 
と反省しています・・・(T_T)

その反面、働きさんのちょっとしたアイデアで集客アップにつながる事もあります。

例えばこれ

NEC_0256_R.jpg

お子さんがいらっしゃる働きさんのアイデア。子供の目線上にキャラクターをさりげなく配置。この集客力、半端ではありません(笑)


ポスター一枚でも驚きの効果が

NEC_0255_R.jpg

中身も値段も変わらないのですが、構成比率が大幅にアップ。


他にも各店、色んな知恵を絞って、お客様にアピールしてくれたり、店舗の運営に活かしてくれております。ちょっとした知恵、こういった時代だからこそ、この積み重ねが効いてくるんだろうなと想います。

意志・・成し遂げようとする心

2009年02月26日

by 鎌谷 律脩

「3年半後どうなりたいのかを決めて、半年ごとに検証するんですよ」 情報総合サービスR社のマネジメントを聞かせて頂きました。「自分の言葉で発表するから、そこに意志が生まれる」意志があるからブレない強みというものを再確認した次第です。

中身の濃い一週間でした。何人の方とどれだけの時間お話しさせて頂いたでしょうか。それは会社を、自分を、どう変化させていけばいいのか、自分の言葉で語る事で、それは本心なのか、多面性で見る事が出来ているか、自我だけではないだろうかを確認する作業でもありました。逆の立場でもお話を聞く事例があり、その事で得られた気付きもありました。(お付き合い頂いた方に本当感謝!!)

「見えない壁」それは自分で創りだしている事をこれまで何度も経験しています(これからもあるんだろうな~ ^^;)

内的要因に変化が求められているのに、外的要因を変えようとする事で結果を得ようとしている。外的要因をたくさん並べ、その中からこれがいいのではと判断する(妥協する?)

おかしいなー 変わらないなー ってもがいてしまうんですよ。

それは、今求められているのは「判断」ではなく「決断」だと、周りがどうなのかではなく、自分がどうなのかって、結局そこに落ち着くんですけどねー

昨年来、今年の節分までに方向性を決めておきなさいと教えて頂いて、その事に明確な意志を持たせたがゆえに起こってしまう化学反応を、やっと消化できた一週間でした(強烈な右フックにカウンターパンチ、打って打たれて・・・)

そろそろ、本番のリングに上がらなきゃ!

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集