鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » AURA-SOMA

鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る
« Formula 1experience2009年 我想ふ »

AURA-SOMA

2009年12月19日| ビジネスコラム [66]

by 鎌谷 律脩

色分けされたボトル(イクイリブリアムボトル)を使って自己の内面を発見するアプローチ。ある商業施設の従業員教育プログラムに取り入れられたオーラソーマカラーケアーシステムなるものを体験してきました。

オーバーストア状態と言われている昨今、それぞれのデペロッパー様や各テナントを擁する会社では、様々なセミナーやコンサルティングの導入などによりスキルアップが命題となっているようです。特に実際店頭で働いているスタッフに対しては、あの手この手と様々なプログラムが用意されています。

そんな中、お世話になっている商業施設のテナント委員会で、次年度のテーマや計画などの政策が発表されました。ここでも取組としてどのようなプログラムが有効なのか発表があるのですが、その中で出てきたのがカラーセラピーの一種であるこのオーラソーマ。


私自身この一年、脳学なるものを勉強させて頂いた事もあって、「内面」というキーワードにとても興味を持ち、委員会で詳しい内容の説明を求めました。

ちなみに今年一年私が興味を示した事というのは、これまで様々なセミナーに参加したり、成功ノウハウに関する書籍を読みふけたりするも、中々自分のものにはならないし結果もでない。内容は2・3日覚えていて、メモもたくさん取って、「いい話だった♪」と満足しても、実際に行動や習慣にまで落としこめている事はあまりない。それは、その事によって得られる要素は外的要素であって、それでは変化しないのではないか、ものにならないのではないか。だから内的要素、つまり潜在意識や記憶の中にがっつりないと変わりようがないのでは?という事です。

という事は、まず「汝自身を知れ」となるわけで、そのアプローチがオーラソーマを用いた手法だったので興味を抱いた訳です。

まずは100種類以上あるボトルの中から4つのボトルを順番にセレクト。最初に選んだボトルはソウルボトルと呼ばれるようで、本来の自分といいますか原点のようなものだそうです。ちなみに私がセレクトしたのはレッド&レッド。エネルギーの塊だそうです(^^ゞ

DVC00024_R.jpg

Myセレクト


2本目が過去や課題、3本目が今現在の状態、4本目が未来の課題や可能性を表しているようで、最後に生年月日から導き出されたボトルから総合的にコンサルテーションが行われます。その流れで導き出された私のコンサルテーション内容とキーワードは・・・

1st エネルギー 人にエネルギーを与え才能を目覚めさせる。
2st get up and go  過去と現実(理想)の葛藤であった。覇気の目覚め。
3st チャリティ 施し、奉仕。役に立つ事で喜びを得る。
4st エルドラド 理想の黄金卿を作り上げる。海外。

トータル 
あなたはイルカさん(微妙かも・・・笑)自由に大海を泳ぎ回り、フィーリングと楽しさを重視・・・などでした。

無料診断ツールであなたもチェック!?

セラピーなので、占いと違って当たってるだのどうの、ではないのでしょうが、その事により、内面にある理想や現実、悩みや課題などをあからさまにして、ある意味自分で答えを導き出そうとする助力になるのですから、その効果は期待できるなと想いました。ただ、潜在意識に刷り込まれたか?となるとやはりそれは難しいのかも。。。

潜在意識や記憶の中に刷り込むにはやはり別の方法が必要で、来年鎌屋ではその学習を進めていきたいなと考えています。


鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集