鎌屋は今、前進するためのワンピースを探しています。ONE FOR ALL,ALL FOR ONE PIECE.

トップページ » 鎌谷律脩の我想ふ! » 2017年02月の記事

2017年02月の鎌谷律脩の我想ふ!

« ブログのトップへ戻る

「社訓」

2017年02月28日

by 鎌谷 律脩

会社設立20年目を迎えるにあたり、更にこの先歩む目的を明確にしながら進んでいきたいと想う。こんな会社=お店、それらを取り巻く環境、仕事に対する価値観や心構え、それに共鳴・賛同してくれる仲間達。


ただ単にお金を稼ぐための仕事。それでいいんだろうかと疑問に思ったのが20代の半ば。勿論お金を稼ぐことも大切なんだけど、仕事を通じて得られる学びや価値観の方がはるかに重要だった。

人生が修行の一環とするならば、まさに仕事を通じての修行はステージでもあり、とても大きな要素だと思う。であるならば、そのステージの設定を、もっと深く掘り下げて、もっとじっと見つめてみて、あらゆる角度から網羅していけば、その分だけ新たな課題も生まれるし、クリアしていく事になるだろう。

人生が一度きりとするならば、出来るだけたくさんの学びや気付きを味わっていたい。まさにロールプレイングゲームのごとく、ゴールはないかもしれないけど、スタートしている以上たくさんのステージやキャラクターを通じて成長したい。

その環境は絶対に作り込んでいこうと決心している。

経営理念である「喜びのタネをまこう」

これは鎌屋ってどんな会社ですか?どんな思いをもっていますか?そして、行動や発言など、人としての振る舞いをする上でのベースとなっている理念である。

それは相手の喜びが自分の喜びであるという、絶対的な内的要因としての哲学にある。

他にもミッションや基本行動を制定しているが、もう一つ制定したかったのが「社訓」

これは「教え」であり、絶対的なものであり、鎌屋を言い表しているものでもある。「自分自身株式会社の社長」「メジャーリーガー養成しています」を標榜し、そこに向かっていく上での教え。

それを、「鎌屋は我なり!」とした。

会社が、上司が、環境が、世間が、と矢印を外に向けるのではなく、そのすべてを我の中に向けて、自分事に置き換えることで、誰かに自分自身株式会社の社長にしてもらうではなく、あなたがあなた自身を社長にする、メジャーリーガーになる、その教えを端的に表す言葉である。

20年の節目に設定できたことにもきっと意味があると確信している。

鎌屋代表 鎌谷律脩

鎌屋代表 鎌谷律脩プロフィール

大阪府箕面市出身。営業や販売など数回転職し、プロのカーレーサーを目指していたり、バーテンダーをやっていた事も。平成4年、ダスキンと日本水産のジョイントベンチャー(株)どんに入社。タスクフォース、スーパーインテンデントなどを歴任し、平成9年に独立。(有)鎌屋を設立し、どんのフランチャイジーとして広島市内に店舗展開。

平成15年に新規事業部を立ち上げ、今後はこれまでの店舗、運営ノウハウを活用し、既存事業の深堀を進めていくと同時に新規業態のブランドを立ち上げ展開していく予定。

『とにかく熱い人。でもいつもニコニコしていて、言葉では表現できないけど不思議な力をもっていますよ』
(スタッフ談)

採用募集

私たちと一緒に働きませんか?

あなたを必要としております。
やるのはあなたです。
あなたは人生に、仕事に何を求めていますか。

私達と夢や喜びを共有しませんか。その入り口はこちらです。

採用募集